スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Episode4 

★★★★★

 何はさておき最終回。
そして最後に明らかになるのは、この話は三角関係を描いてるのではなくて、子供の喧嘩と男の友情を描いたものだった、ってことでした。
ラストシーンより、イサムとガルドが和解してラブ飛行してる場面の方がじーんときましたね。
逆にラストは相当抑制された描き方がされててビックリしました。
ミュンもシャロンも「私の彼はパイロット」な気分だったことでしょう(何)

 さて、今回は今までのうっ憤を晴らすかのように、戦闘の連続。
やや詰め込みすぎかな、と思うくらいでした。
とにかく避ける避ける。
敵を倒すカタルシスはなくても、どいつもこいつも芸術的にかわしまくるのが楽しかったですね。
イサム対ガルド、ガルド対ゴースト、イサム対マクロスといった具合に、次々と相手が変わっていって、戦ってない場面も含めて35分ちょっとぐらいだから、ホントあっという間です。
ゴーストはまさに幽霊のごとく、画面の中でほとんど目視できませんでした。
それだけで尋常じゃない運動性だということはよくわかりました。
でもま、簡単に乗っ取られたりするようじゃ危険、ということで、その後しばらく無人機は手掛けられないわけで。
見方によっては、マクロス7につながる試作機のプロジェクトX的な側面もかなり大きいですね。
画像編集して字幕とナレーション入れたら、それだけでちゃんとした番組になるなー。

 結局、ミュンは色々ヒドい目にあったけども、救われたんでしょうかね。
ミュン以外のシャロン関係者はほとんどいなくなってしまったわけで、後始末も大変だろうし。
ガルドも死んじゃったので、何とも後味の悪い感じは残ります。
……何か似た話あるなと思ったら、ガンダムの0083だ。
しかし、アレも自分大好きなんだよなぁ(笑)

 声優さんでいえば、シャロン役の兵藤まこが良い味出してました。
アニメではあまり聞かないからなぁ。
あと、英語の声優さんは男役がかなりハマってました。
女性役は……お国柄の違いだろうな。
アメリカに萌え(?)声が存在するとは考えにくい(^^;)
(↑マクロスプラスに萌え声優はおらん!)
あれば聞いてみたい。

 そんな感じで、たっぷり楽しませていただきました。
些細な出来事が積み重なって、世界規模の話に一気に膨らんでいくOVAらしい展開でした。
3話目の「タメ」が上手く効いていたと思います。
その分、ラストが詰め込みすぎの感はあったけども。
恋愛面がモニャモニャしてるのは、このシリーズの宿命だと悟ることにしました。
次は何見ようかな……。

マクロスプラス Vol.4 [DVD]マクロスプラス Vol.4 [DVD]
(2002/02/25)
山崎たくみ石塚運昇

商品詳細を見る

スポンサーサイト

Episode3 

★★★

 起承転結の転。
クライマックスに向け、材料が整ってまいりました。

 見どころ……シャロンとミュンのマニアックな電気コードプレイですかねw
ミュンにとっては、自分が一番ひた隠しにしたかった部分が全世界に晒されるってだけでもアレなのに、そもそも生命の危機だし、マージはマジキチだし、イサムもガルドも来るわきゃないし、悲惨な状況です。

 と言いながらも、図らずも二人とも地球に向かってるわけですが。
イサムは無人機のゴーストに一矢報いたいのは当然あるとして、ミュンを見送れなかったことも引っかかってるのかな。
イサムもミュンもツンデレだから。
あ、ガルドはヤンデレね。

 しかし、ガルドの用意周到さにはビックリです。
策士でマッチョは新しい属性だよなぁ。

 イサムが病院からミュンを連れ出したシーンは微妙だったかな。
変わらないイサムにミュンが自己嫌悪に陥るために必要だったのでしょう。
普通ここは清々しい場面のはずなのに、重苦しい雰囲気なのが面白かったです。

 私はルーシーが好きです。
閣下だし。

マクロスプラス Vol.3 [DVD]マクロスプラス Vol.3 [DVD]
(2001/12/21)
山崎たくみ石塚運昇

商品詳細を見る

Episode2 

★★★★

 イサムとガルド、それぞれの魅力が描かれた2話目。
ミュンが好感を得にくいキャラ描写になっているのは、初代以来の伝統か。
イサムはヒコーキに乗ると無軌道だし、ガルドはキレると怖い子だし、自分と同じくらいの歳とは思えん(笑)
しかし、どのキャラクターにも感情移入しにくい(のに見れる作品な)のもすごいな……。

 コンサートでシャロン・アップルがイサムにちゅーするのは、前回ガルドがイサムをぶっ潰したのと根が一緒ですね。
今回でも何かつながってるらしい取引シーンあったし。
それはそれとして、何回見てもシャロンが魅力的には思えん……。

 燃えるコンサート場に駆けつけたのはガルド。
男を上げました。
アレはあの後、ヤったってことで良いんですよね?
翌朝、優越感に浸るガルドがかわいすぎる。

 訓練で腹いせにボコるイサムと、冷静を装いながら結局キレちゃうガルドが面白い。
この作品のツボは、全体的にキャラクターデザインが大人なのに、メインキャラの中身はみんな子供、ってところなんだろうなぁ。

マクロスプラス Vol.2 [DVD]マクロスプラス Vol.2 [DVD]
(2001/10/25)
山崎たくみ石塚運昇

商品詳細を見る

Episode1 

★★★★

 ここ何日か急に1日200人とかこのブログに来てるみたいでビビってます。
どこかに晒されたかなー。

 「愛・おぼ」は近所のGE○で借りられていたので、こっちを借りてきました。
映画版は何回か見たけど、OVA版は初めてです。
ちなみに、マクロスシリーズで初めて触れたのはこの作品でした。
以来、マクロスと言えば華麗なメカ描写、というイメージが。

 で、改めて見直してみると、音楽の方に目(耳?)が行きました。
エスニックな音楽が菅野よう子っぽいな、と思ってたらやっぱりそうで、あまつさえ制作メンバーの多くがカウボーイビバップに流れていった模様。
何という俺ホイホイ。
英語吹き替えも同時に作られたようで、作品全体にもアメリカンな雰囲気がにじみ出てます。

 気になった点といえば、そもそも論でキャラクターデザインに違和感がありました。
設計主任のノイマンは17歳なのに全然そう見えない……。
イサムのセリフ聞かなきゃ若いキャラクターだってわからん。
あと、ルーシーが可愛く描かれてない(←何それ)
ま、アニメのデザインなんて時代ですっかり変わっちゃうものですからね。
きっと今流行の絵なんて、50年後には異形ですよ、ええ。

 イサム、ガルド、ミュンの三角関係はずっしりと重め。
基本的に、過去にとらわれているガルドの独り相撲なんだけれども、それを知って見ていればなおさら、7年ぶりの3人の再会の場面は痛い。
ガルドに抱えられた時のミュンの表情は必見です。
「地球人にはゼントラン人への差別意識がある」というのが作品世界の(語られない?)前提あっての三角関係だと私は思ってます。

 YF21の、脳波で機体を動かすBDIシステムは夢が詰まってて面白いですね。
ちょっと脳裏をよぎったことまで忠実に実行するのがリアルっぽい。
ガルドがテストパイロットになったのは、作劇場の都合とかは別にして、どこまで意図されたものだったのでしょうかね。

 映像特典「マクロス・ア・スペースクロニクル」も興味深かった。
「愛・おぼ」を戦勝20年の記念映画、マクロス2をパラレルワールドと明示しているのが「らしい」。
「FlashBack2012」も見たくなったなぁ……どこで借りられるかな…無理か。


 ダンバインの出てこないスパロボα外伝で、2人をおとり役にして最前線に突っ込ませ続けたのを、昨日のことのように覚えています。
ガルドに何度リミッター解除させたことか!(笑)


参考資料:ウィキペディア

マクロスプラス Vol.1 [DVD]マクロスプラス Vol.1 [DVD]
(2001/08/25)
山崎たくみ石塚運昇

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。