FC2ブログ

黄昏のネギマテを遊ぶ 

 ネギマテは、UQ HOLDER!を題材にしたスマホ向けゲームです。
昨年1月に先行登録者限定のベータ版が稼働し、2月から本サービスが提供されました。
つまり、間もなくサービス開始から1年になります。
私は本サービス提供時から始めましたが、金儲けする気が薄いゲームだなぁ、とつくづく思います。

 内容としては、UQ HOLDER!に登場するキャラクターをRPGの戦闘キャラのように5人パーティーで使いながら、アニメのストーリーを追体験するというものです。
ストーリーは1カ月に1度ほどのペースで順次解禁されており、現在はアニメ最終話でネギ=ヨルダの使徒として降り立ったのどかと対峙している場面です。
持ちキャラは、ゲーム開始時に配布される刀太と九郎丸、そして、何度でも引き直し可能なネギま!の☆3キャラ1人(私はくぎみーが実装されていないのでザジにしました。結果的に当たりキャラだったと思います)から始まったはずです。
そこから先は、クリスタルやチケットを消費して引けるレアガチャと、(なぜかいつでもいる)レイドボスの中級をクリアすることで、持ちキャラを増やしていきます。

 クリスタルは課金のほか、ログインボーナスやデイリークエストの消化、またノーマルガチャでも稀に入手できます。
私の場合は月480円でクリスタルが毎日5個もらえるネギパスを定期購入しているので、レアガチャは月に45回くらい回せる計算です。
このほかに、イベントや追加ストーリーのクリアボーナスでももらえるので、何だかんだ50回くらいは回せそうです。
ネギパスなしだと、マイナス7回くらいです。
レアガチャ以上のガチャは実装されていないので、無課金で毎月40回引けると考えると、かなりサービスが良いのかなと思います。

 入手方法が特殊なキャラとして、キリヱがいます。
課金で必ず入手できる代わりに、ごく初期を除いて強化素材(秘石)も課金でしか手に入らず、最高位の☆5までは育たないようになっています(初期に秘石をかき集められた人は☆5にできたかもしれない)。
配信時に「実質無料」の迷コピーで若干話題になりました。
現状入手可能な46人中5人(夕映、みぞれ、キリヱ、木乃香、亜子)しかいない、他人を回復できるキャラで、全体回復が可能なのはこの中の3人(キリヱ、木乃香、亜子)。
素材を集めて各キャラを強化するためには高難度のクエストを周回することが必須で、特にゲームを始めた当初はヒーラーなしではとてもじゃないけどクリアできません。
木乃香と亜子、夕映はレアガチャの中でも入手確率が一番低く設定されており、単体回復持ちのみぞれは非常に打たれ弱い(キリヱもかなり打たれ弱い)ので、キリヱは明確に初期の救済キャラとしてデザインされていることがわかります。

 ネギマテというタイトルからもわかる通り、ネギま!分が非常に濃いゲームです。
というか、ネギま!のゲームを作りたかったんじゃないかと思うくらいです。
UQ HOLDER!のストーリーとは別に、ガチャで入手したネギま!キャラのミニストーリーが解放されるのですが、愛を感じられます。
アニメ最終話の素材があることを口実に、これだけ実装しようと思うことがすごいです。
クラスメート31人中22人(うち3人はレイドボス)が実装済みです。
抜けてるのは朝倉和美、柿崎美砂、釘宮円、椎名桜子、鳴滝風香、鳴滝史香、葉加瀬聡美、四葉五月、春日美空ですね。

 長々書いてきましたが、このゲームの良い点を挙げるとすれば「能力のインフレが少ない」ということに尽きます。
最初期に配信された雪姫、フェイト、夕映、木乃香、のどかはいまだに最強パーティー。
雪姫、フェイトは攻守の数値が高く、全体攻撃のスキルを持っている。
夕映は回復スキルを持っているにもかかわらず攻撃力が高く、攻撃スキルも持っている現状では唯一の存在。
木乃香はさっき書いた通り。
のどかはパーティー全体の攻撃力強化スキルをわずか30秒で使える点が唯一無二。
どんなキャラが追加されても、なかなか代替されない。
キャラの格的に間違っていないという点において素晴らしいことだと思います。
後で追加されたキャラは、特定の能力やスキルを封じることに特化していることが多く、パラメータで勝負していないので棲み分けができているのですね。
かといって、特定のキャラがいないと攻略が無理なクエストがあるわけでもないあたりがユーザーフレンドリー。
それが故に、課金してレアガチャを回して新規キャラを入手しようという気にならないのは、今時のゲームとしてどうかとは思います。

 良い点なのか悪い点なのかわからないのが、「イベントが少ない」という点です。
ゲーム内で発生する期間限定イベントは、20フロアを上るクエスト「アマノミハシラ」での得点を競う「ゴールドラッシュ」と、経験値、獲得資金の2倍キャンペーンぐらい。
ゴールドラッシュは1~2カ月に1度ぐらいのペースで行われますが、イベント特効キャラがいるわけでもなく、高難度のステージで被ダメージを低く抑えた時に得点が高くなるシステムです。
私が1位を取ったこともあります。
ここでは前述のパラメータが高い初期キャラが猛威を奮い、課金しようというインセンティブは働きません。

 別に課金したいわけではないのです。
使えるお金もそんなに持ってないし。
ただ、基本プレー無料ゲームなので、ユーザーが金を落とさないとゲーム自体の維持ができないはずで、大丈夫なのかなと心配になっているところです。
昨年末にツイッターと連動して、リツイート数に応じた報酬をユーザーに還元するキャンペーンをやったのですが、リツイート数は120でした。
アクティブユーザーが120人ほどでやっていけるのか……。

 で、どんなゲームでも言われることなのでしょうが、運営がずさんなのは何とかしてほしいところ。
最近は、「ゴールドラッシュ」のランキングが、イベント終了後もリセットされないまま次の「ゴールドラッシュ」に突入する状況が続いています。
これは、アクティブユーザー数が少ないことを誤魔化すための措置だと思われます。
多分、今新規でゴールドラッシュを始めたら、ランキングボードが下まで埋まらないはずです。
あと、ゲームのホームページは稼働直後からほとんど更新されていません。
その代わり、運営のツイッターアカウントはユーザーとの交流も含め活発に更新していたのですが、最近は放置気味です。
スキルや能力値が機能していないバグも、基本的に改善されてません(逆に利用していることもありますが)
ゲームバランスはそれなりに考えられていて、(特にネギま!への)キャラ愛も感じられるだけに、続いてくれるといいなと思っているのですが、ストーリーは大詰めで、以前に実装予告されたキャラも昨年12月でほぼ実装完了した状況も踏まえて、稼働1年の節目でゲームを畳むのかなと黄昏を感じているところです。

スポンサーサイト

スパロボW 早解き第20話「加速する宇宙」  

 風龍と雷龍でオービットベースをマリーメイア軍から防衛するところから始まる。
1体を真ん中に突っ込ませておけば、反撃で全滅させられます。
で、左上部に木星トカゲ現る。
こっちを反撃で全滅させるのは無理……だと思う。
木星トカゲはテツジンを撃墜すれば撤退するのですが、ブレスを極限まで強化すればイケるのか?
いずれにせよ、続いて出てくる原種まで反撃で倒すことは無理なので、やはり2ターンかかります。
累計31ターンになりました。

スパロボW 早解き第19話「激突!魔神VS地獄王」  

 2ステージ制の面倒くさい面。
前半は、例によってデュオのマップ兵器でサダックと妖機械獣を一緒に落とせば、さやかが攫われて終わり。
後半は、マジンカイザーが悪のビューナスを落とせば、敵増援がわらわら出現。
大火力のユニットは残して増援を全滅させると、満を持してあしゅら男爵登場。
バリア装備しているので、メルティングサイレンで消してあげましょう。
前半、後半とも1ターンずつでクリアできます。
累計29ターンです。

スパロボW 早解き第18話「悲劇のワン・ナイト・スタンド」  

 ラムダドライバ積んで鉄壁を発動させたべへモスをどう削りきるかが1ターンクリアの鍵です。
とりあえずデュオのマップ兵器で初期配置の敵を何体か落とすと、べへモスと五飛が出てきます。
さらにべへモスのHP(4万)を6割まで削ると、全快される代わりにラムダドライバを停止させられる。
ビッグボルフォッグのメルティングサイレンでバリアを無効化させると、若干削りやすくなる。
主人公の再動使って使わせたけど、スタメン落ちさせて支援要請で使えばよかったかも……。
ソースケとヒイロの増援位置はヴァルストークの隣なので、事前に戦艦を前出ししておくと、即前線に投入が可能となります。
ラムダドライバを止めても、鉄壁は生きているので、コツコツ削るべし。
あとは、周りの敵も全滅させるのを忘れずに。
累計27ターンです。

スパロボW 早解き第17話「さらば勇者達!東京大決戦!!」  

 左上にゾンダーの親玉パスダーがいるので、主人公が長駆して一撃入れると、右下にエビル率いるラダム登場。
エビルを倒すと、パスダーにGGGの連中とが接近し大ダメージを与えてくれます。
ゾンダー勢の雑魚はデュオと親父に散らしてもらい、右下のラダムは味方総出で潰します。
普通に1ターンで終わりますね。
凱燃え尽きた。
累計26ターンになりました。