スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体がだるい 

 はい、久々の日記です。
もう溜め込まないって決めたのに……。
溜めて良いものといけないものがありますよ、ええ。

 今日は本来バイトで入っていた1限が休講になっていたので、大学に行くのは午後からでした。
そうとわかれば緊張が弛緩するのは人の性。
正午まで起きることができませんでした。
文字通り、「身体が動かない」。
ここのところドラクエ6絡みで無茶な生活してるツケが回ってきてる気がします。
やはり徹夜はよろしくないようです。
年齢的に(笑)

 木曜の講義は刺激的。
3限は、日本で言う国際化とは、白人の文化を受容することだとか、そういった話でした。
4限は、VFXが進化した先に、俳優は不要なんじゃないかといった話でした。
いやまぁ、実際、どうなんでしょうかね?
木曜日の講義が一番楽しいです。
で、楽しい講義では、いくら眠くても寝ない、と。

 講義終了後、そのまま家に帰ってもドラクエをやるだけなので、ファミレスに寄って何冊か本読んでから帰宅しました。
最近はほとんど外食なので、お金が減る減る。
だがしかしもはやお湯を沸かすのも面倒臭いというか、カップ麺を買うことすら面倒臭いというこの酷さ。
なんか色々と……ダメだ('A`)



『就職迷子の若者たち』小島貴子(集英社新書)

 タイトルに魅かれて思わず買ってしまいましたが、読み終わってみると、そこまででもなかった(笑)
面白くないわけではないです。
最近の若者を取り巻く就職事情を踏まえたうえでよくある就職マニュアル本とはやや視点を換えて、何かきっかけを掴ませようとしていることが読み取れます。
書いてあることにはかなり共感できますが、いざ就活で実践できるか……となると、難しいだろうなぁ。



『その時、プロ野球が動いた』氏田秀男(東京書店)

 日本のプロ野球の記録に関するあれやこれをまとめたもの。
この手の本はいい加減読み漁ったせいか、(個人的に)新鮮味には欠けるのですが、そうでなければ結構楽しめるような気がします。
何よりデータが新しいのは嬉しい。
それを思うと、毎年こんな本は出てるんだろうなぁ。
(そして、そういうのは大概読んでそうな自分(笑))



『いまどきの「常識」』香山リカ(岩波新書)

 常識ではありません、「常識」です。
私は香山リカのスタンスに共感をおぼえているので、この手の本は大好きです。
今や「常識」となってしまった30ほどのフレーズに対して、"ちょっとおかしいんじゃない?"と疑義を投げかけるというスタイル。
実際のところ、皆さんのこの本を読んだ感想を聞いて回りたい。

スポンサーサイト

計算ミスだよ 

 昨日の帰宅後、すぐに寝れば午前2時には目覚めすっきりで、ちゃんと感想も書けるかな、と考えていたんです。
昼に寝れるように、前日は徹夜するという仕込みっぷりで。
でも、目論見通りには行きませんでした。

 前日午後4時に眠った私は、水曜日の午前10時まで眠りっぱなしでした。
寝すぎでしょ、さすがに……
あ、いえ、マガジンは買いに行ったんですよ、午前2時に。
で、ジャンプとあわせて、午前4時に読み終わったのですが、そのあとがいけなかった。
二度寝でした。
ちょっと無理して徹夜しすぎました。
そんなわけで、今週も感想は無し。
あぁ('A`)

 起きたらすぐに大学行ってゼミ参加です。
もう4年なんで卒論以外にやることはないはずなんですが、それでも何だかんだでちょこちょこと作業はあるわけで。
というか、出席はしないといけないわけで。
それでいて、土曜日の大学院にも参加しなければならないという。
正直しんどい。
まぁ、十人並みに通常の講義を自主休講すれば特に苦痛でもないのでしょうが。
帰宅は午後11時ね。

 さて。
今日は何の日?と聞かれて、ネギま!?第1話の放送日と答えなければ、自分的に嘘です。
ちゃんと録画して見ました。
結論:期待十分。
ザジの勇気あるキャラ解釈に感動しました。
全体への感想としては、MOON PHASEにあった、"魔法少女リリカルネギまだっしゅ!"という表現が全てではないかと。
その後、新番組の武装錬金とスパロボOGをとりあえずチェックして、後者の先行きに若干不安をおぼえたりしてました。



『アイシールド21』21巻

 アイシールド21の21巻ということで、何をやるのかなぁと期待していたら、立体でした。
過度に期待しすぎた(笑)
肝心の内容は、最高に熱い展開になっておりますが、既にジャンプで読んでいるのでサラッと流しておきました。
でも、こういう話、大好きです。
雪光が良い。



『現在官僚系もふ』6巻

 どれぐらいフィクションなのか測りかねる(^^;)
『ブラックジャックによろしく』に似てるけど違うように思えるのは、もふの個性に拠るところが大きいです。
こちらの作品の方が、漫画としては遥かに面白い(と思う)。
ラブコメじゃないのに続きが楽しみだ(笑)



『ひぐらしのく頃に 鬼曝し編』2巻

 雛見沢症候群回避不能('A`)
コンプエースで既に読んでいたので驚きはありませんでしたが、漫画ならではの表現でひぐらしシリーズの怖さを描写していて、とても良かったです。
「惨劇に挑めませんでした。」には爆笑。

今日の私は、寝るために存在していた 

 午前0時の私は、ドラクエ6をやっていました。
やっとテリーが仲間になったよ!
ドランゴしか使わないけど。
スーパースターがハッスルダンスを覚えると、難易度が違いすぎます。
ハッスルハッスル。

 午前9時に、後輩から余っている自転車を略奪して大学に向かいます。
が、時間に余裕があるので、途中にある喫茶店に入ってコーヒーを一杯。
ずっと気になっていた店でしたが、普通でした。

 大学は2限の講義にでましたが、殆ど寝てました。
家に帰ってからも、すぐ寝ました。
そう、明日のために……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。