スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実世界に潜ってた 

チョコミミよりもシンクロが先だrアッー!

 FF10をやったりやったりしてました。
仕事の合間にかれこれ40時間ぐらい。
それでもようやくシン突入直前です。
どんだけゆっくりやってるんだよ……。
今回はスフィア盤全部回って、クリアスフィアでキレイにしていきたいですね。
どーせ途中で飽きるだろうけどね

 先週は4日仕事に出て、そのうち3日は仕事後に日付変わるまで飲んでました。
先輩の武勇伝をもっぱら聞くだけだったのですが、まだまだ知らないことが多い分、楽しかったりします。
でも、さすがにちょっと体調崩した(^^;)
まだちょっと鼻炎気味だったりします。
もう若くないと思ってるのに、周りが認めてくれません(>_<)

 日ハムはなんだかんだで1位通過できそうですね!
26日のダルとマー君の対決は激アツでした。
何がいいって、試合にケリをつけたのが坪井だった、っていうのがね。
球場に行ってれば、私も80人のファンのうちの一人になれたのに。
それと、阪神は瞬く間に落ちていきましたね!(笑)
あのまま1位通過してくれれば、得失点差マイナスでの初の1位もあったかもしれないのに、さすがにそうは問屋が卸さないか。
JFKは明らかに働きすぎですよね……。

 最近、『みどりのマキバオー』読んでます。
『たいようの~』を読んで懐かしくなってしまって(^^;)
改めて読み返したところ、普通に面白くて困ってます。
どう困るかって、寝る前に読み始めると止まらない、というところとか。

 本の方は、現在ちょいと厚めのブツを読んでいるので、しばらく↓は漫画の感想になりそう。
買ったのに読んでないのがそろそろ10冊超えてきたか…。
シンクロを早く読みたいが、その前にマキバオーだ。



「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61) 「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61)
岡田 斗司夫 (2007/06)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

 巷では氏のダイエット本が流行ってるみたいなので、敢えてこっちを購入。
冒頭の、ガーゴイルの動機云々を決めかねている部分が一番面白かった。
……というのは4割くらい冗談で、大真面目に、世界制服の旨みと苦労について書いてるのが、確信犯だとしても笑える。
ドラゴンボールに出てくる悪役が、毎回まったく異なる悪を志向しているという指摘は、なるほどと思った。
あと、バビル2世のヨミ様に惚れそうだ。

スポンサーサイト

もう死んでいる 

 マグロは、眠ることなく一生泳ぎ続けるといいます。
ネットである程度認知されるためにすることも一緒で、絶えず存在を示しておかなければなりません。
なぜって、便りのないのは元気の徴、といったって、表に出てこなければ、いないのと一緒なのですから。
現実世界でなかなかそうはならないのは、ほとんどの人間が、否が応でも誰かと接点を持たずにはいられないからです。
そんなわけで、私はネットの世界ではとっくに死んでます。
何度も死んでます。
今は亡霊です。
よろしく。

 昨日は午前3時半に寝て、3時間後には起きました。
すごく、眠かった。
それでも午前中の仕事は好調。
上司に「だいぶこなれて来たな」なんておだてられ、午後の仕事まで時間があったので、一人でカラオケ行ってきました(何故)。
行ったのは、カラオケの鉄人。
1時間半弱、採点付きで歌ってきました。
久々に晒す。
95 鏡の中のアクトレス(きまオレ)
92 サクラサク(ラブひな)
92 陽あたり良好!(陽あたり良好!)
91 Give a reason(スレイヤーズNEXT)
91 風のノーリプライ(エルガイム)
91 プリンセスナイン(プリンセスナイン)
90 もう泣かないで(らんま)
87 STAND UP TO THE VICTORY(Vガンダム)
86 愛をとりもどせ!!(北斗の拳)
85 もってけ!セーラーふく(らきすた)
82 1000%SPARKING!(ネギま!?)
80 ハピマテ(ネギま!)
78 マイペース大王(げんしけん)
78 THE WINNER(0083)
78 TAKE IT SHAKE IT(カレイドスター)
76 タッチ(タッチ)

 カラ鉄の採点機能の傾向は……慣れた曲だとかえって得点出ない感じ?
歌い手の変な癖に敏感なのかも。
ちなみに、選曲のコンセプトは、そこそこ古い曲中心、です。

 そんな感じでハッスルしたので、午後は仕事になりませんでした、とさ。



桜蘭高校ホスト部 11 (11) (花とゆめCOMICS) 桜蘭高校ホスト部 11 (11) (花とゆめCOMICS)
葉鳥 ビスコ (2007/09/05)
白泉社

この商品の詳細を見る

 衝撃の事実。
双子って人気あったんだ(ぉ)
「ニーズ少なそうなのに何で双子話じっくり描くんだろう」とか、普通に考えてました(笑)
そうかー、そっかー…(^^;)
 そんな感じで、くすぶっていた双子の火種がついに爆発、緊張の場面で次巻に続きます。
月刊は、長く待たなきゃいけないのが歯痒いですよね。
 それはそれとして、原作者がゲームにツッコミ入れてる巻末漫画が面白かった。

またまたFF10をはじめました 

 かれこれもう5回目ぐらいのプレイかもしれん。
いずれも「すべてを超えし者」は倒してません。
そのたび飽きて、そのたびやり直して、かれこれ5,6年経ってます。
気が付けばFF5並みにやってる気がしてきた。
この周期で考えれば、次に大ハマりするのはFF15かな。
いつ出るのか知らんけど。

 日曜日に旭山動物園に行ってきました。
北海道在住なのに行ったのは初めてだったりして。
休日だったので混んではいましたが、聞いていたほどではありませんでした。
考えてみれば、動物園に行くこと自体かれこれ10年ぶりぐらいな気がします。
旭山は、10年前に見た動物園そのままの部分と、ディスプレイに気を配った最先端の部分が2:8ぐらいで混在していました。
8の部分が沢山の人で賑わっていたのとは対照的に、私が印象に残っているのは人の導線から外れた2の部分。
予算が出ないとかでまだ手付かずなのでしょう。
あの日陰の部分に人の波ができる日は来るのでしょうかね。

 帰りは久々に車の運転をしました。
日本一長い直線道路(約29キロ)があまりに単調で、居眠り寸前でした。
危なかった。
やはり私には車の運転は向かないな。

 この前、「絶滅危惧種のヤシガニを捕獲した」というニュースを耳にしました。
そこで最初に思い浮かんだのが「ロストユニバース」第4話だったんですが、別に少数派ではないですよね。
だって、ググってもそっちが先に出るし。
そもそも(生物の)ヤシガニがどんななのか知らん(笑)
ま、ゆとり世代なんてそんなもんです。

 それでは、らきすた最終話でも見てきますか。
明日は早起きせねばならんのだけどなぁ。



官僚とメディア 官僚とメディア
魚住 昭 (2007/04)
角川書店

この商品の詳細を見る

 以前、「昼休みに読んで面白かった」のがこの本。
この前逝った瀬島龍三に関する著作もある人だとか。
そっちも今度読んでみたい。
 ざっくりと内容ですが、今のマスメディアは客観的報道の名の下に権力の発信した情報をそのまま垂れ流しているだけなのではないか、そして、そのことの罪悪をまったく理解してない、というよりも、それが世間のためだとでも思っているのではないかい、ということを訴えていました。
そういった主張なら似たようなものはいくらでもあるのですが、抽象的で小難しい理論でなく、近年の具体例から現場の視点で説明してくれたのが、とてもわかりやすくて良いです。
こういう現実は、沢山の人が知るべきことだと思うのですが……誰もが忙しくてそんな暇がないというのが、この社会のビョーキですよね、ほんと。

嘘をついたわけじゃないんだ 

 寝る前にネギま!を読もうと思い、マガジンを開くと、そこは休載でした
昔の自分では考えられん(笑)
全然関係ないけど、ライブドアのニュースに何故かかのんさん(あーたんの嫁さん)のインタビューが載っててビビった。
まぁ、冷静に漫画家以外で漫画家の妻で有名になる人なんて、そういないよなぁと考えると、レアケースなのか。
立派だなぁ。

 今日、ボーナスが出ました。
これでマッサージチェア購入の野望に一歩近付いたかもしれない。

 今朝は眠いながらも普通に起きれて、マックで2時間ぐらいだべってから出社。
や、家にいると寝そうだから……。
午前中は何やったか全然覚えてません(笑)
あー…午後も何やったか全然覚えてないな。
覚えてるのは、昼休み中に読んだ本が面白かった事ぐらいです。
読み終わったらきっと感想を書くでしょう。

 今日は金曜日だったので、仕事終了後は自然発生的に職場で酒盛りが始まるのですが、仕事終了直前、別の部署の同期からメールが来て、(別の)同期の誕生会ついでに飲むかという事だったので、自分はそっちに出ますと職場の人に言って会社を辞しました。
それで、どこでやるのだろうと冷静にメールを読み直してみると、実は誕生日飲みは明日だったというオチ
会社に戻るに戻れず、行き場もなく、夜の街を彷徨う赤平駿だったのでした。

 さぁて、明日も仕事だ。
冗談抜きで起きれるか不安だ(^^;)



アイシールド21 26 (26) (ジャンプコミックス) アイシールド21 26 (26) (ジャンプコミックス)
稲垣 理一郎 (2007/09/04)
集英社

この商品の詳細を見る

 モン太と本庄の関係は男惚れする。
や、BLとかじゃなくね。
 それぞれ特化した能力で戦ってる泥門の存在はどう考えたってファンタジーだけど、その、ファンタジーが「現実的に強い」様に見えるチームに勝っていくのを見るのは、とても原初的な漫画の楽しみ方ができていいと思います。
だから私はこの漫画が好きなのです。
 ヒル魔と高見(とモン太)の「…って、言うと思ったか」の掛け合いはくどかったけど、印象的な場面でした。
こういうのが、いいんだよなぁ。

「ストレスは長風呂で解消します」半井さんは言った 

 さっき風呂から出てきたら、父がビリーの新人キャンプ入りしてました。
「無理、無理」って言いながら、やってました。
いつ脱隊するか、ニヤニヤしながら横で見てる私。
いつか私もキャンプ入りするのかしら。

 いつの間にか結城比呂って改名してたんですね(話飛びすぎ)
というか、その名前を見たことすら久しぶりだったという話ですが。
あー、今の声優さんなんてもっと知らんわorz
らきすたとか見ててもほとんどわからんもん(死)

 昨日の夜更かしの影響で、とりあえず朝は何とか起きられたものの7割くらい眠ってるような状態だった私。
眠気散らしにコーヒーを飲もうとお湯を沸かして、粉をスプーンで入れますが、溶けませんでした。
あ、これフィルター通すやつか……。
そのまま噛み飲みしました。
そうやって、何とか家は出られました。

 午前中は不自然なほど早く仕事を終わらせ、早々に昼飯を食べてから大通公園で寝ようとしましたが、隣のベンチに座っていたお年寄りの方が唐突に、私の方向に向かってパンの切れ端を撒きはじめました
私、ハトまみれ(実話)
昼寝どころではありませんでした。

 そんなだったので、午後はいい感じに眠く、仕事の効率も悪く、余裕で締め切りを破る暴挙。
最近余裕ぶっこきすぎです、自分。
とりあえずじじゅー。

 昨日FF10-2を買いました。
昔持ってたのですが、人にあげてしまって、をのあと代わりにインターナショナルを買ったのですね。
でも、あれは全然別のゲームでした。
とりあえず、日本語でおk
英語しか喋らないんですよ、あのゲーム。
思った以上に面白さが減殺されました。
そんなわけで、無印10-2を買いなおしたのでした。
〆て980円。
ま、いつやるのかって話ですがね。



エム×ゼロ 5 (5) (ジャンプコミックス) エム×ゼロ 5 (5) (ジャンプコミックス)
叶 恭弘 (2007/09/04)
集英社

この商品の詳細を見る

 やはり単行本で読むと展開の遅さを感じないなぁ。
クラスマッチ編は面白かったけれども、ジャンプで読んでるとやたら長かったことしか覚えてない(^^;)
改めて読み返すと、ぽっと出のキャラも結構面白い。
回と回の間のミニ紹介がいい味出してます。
よくあの短い文章で十分(?)説明できるな。
あれは編集の力なのか。
 愛花も意外と九澄に思いを寄せている事を思い出せてよかった(何ソレ)
 あと、番外編の作者の愚痴が普通に笑えた。
描きたいのか、描きたくないのか、マジでよくわからんw
結局、描きたいものを描きたいんだなぁ、と。

コペルニクス的転回 

 あんなクールな綾波なんて、綾波じゃない!(学園エヴァの見すぎです)

 エヴァの映画見てきました。
最初ははしょりすぎ?と思ったけれども、最後まで見てみると想像以上に丁寧に作ってあって、良い映画だったと思います。
特にラミエルの作り込み具合には脱帽。
あれは萌える。
2作目も見に行くの確定の方向で。
あと、上映前の予告編でクラナドが流れたときに、映画館全体が気まずい雰囲気になった事を私は忘れない。

 らきすたアニメでのゴットゥーザ様降臨に噴いたのは月曜の夜のこと。
あのアニメ、何でもアリだな。
つい、起きてちゃいけない時間に見てしまいます。
1期に一つぐらい、そういう作品があってもいいですよね。
他のアニメ、ホントに見てないなぁ。

 今日もいい加減遅くなってきたので、ネギま!だけ読んで寝ます。
明日起きれるか、激しく不安だ……。



らき☆すた5(角川コミックス) / 美水 かがみ

 この作品が角川発であることを考えると、1つの追随作品であるのと同時に、上手い錬金術のスタイルを創出したものだと思う今日この頃。
オタネタは偉大です。
作品自体がどんどん侵食されてきてる気はするのですが、それはそれで個人的に面白いのでアリの方向で。
ただ、いくらアニメ放送中に1冊出したいからって、episode148丸々入ってるのにはちょっと閉口しました。
とはいっても、オタネタのキレが生命線という意味では、十分楽しめたのですがね。
次巻、卒業、近付いてる?

ほしいものが、ほしいわ。 

 いいコピーだ。
今だって、そうですよね。
うん、欲しいものが、欲しい。

 仕事の方では、一時期のスランプを脱して一皮剥けた感じの昨今。
手応えを感じながら仕事をしているだけに、調子にのりすぎたと後になって反省することも結構あったり。
そうやってまた、新しい壁にぶつかっています。
仕事をしているうちは、ずっとそうなんだろうな。

 ちょっと前までのお気に入りは、『機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム』でジ・オを駆りながらステップが上手くいかなかったときに「ジ・オ 動けジ・オ なぜ動かん!」と呟くことでした。
で、一人でウケてると。
キモイな自分。

 ちょっと過去からネタを毎日引っ張ってきてるものだから、いよいよネタが尽きてきたな……。
更新が再び滞る日も近いか。



戦国なるほど人物事典―100人のエピソードで戦国史がよくわかる! 戦国なるほど人物事典―100人のエピソードで戦国史がよくわかる!
泉 秀樹 (2005/06)
PHP研究所

この商品の詳細を見る


 コンビニで暇つぶしに買ってみた。
500円の割には読ませてくれたなー、という印象。
小学校の頃に、似たようなコンセプトの本を買って散々読んだ記憶があるけれども、それよりもサラッとまとまっていて、いかにもコンビニ本の趣。
1エピソードに絞って書いた項が目立ったのは、良し悪しだったかな。
 締めに後水尾天皇を持ってきたのは、良いセンスをしていると思う。

どきどき 

 明日は6時に起きなきゃいけないのにこの時間に日記書いてる緊張感がたまりません。
今日は午後から出社でしたが内容がハードでした。
上流がせき止められると、下流としては、ね……。
慢性的にそんな感じなので、コメントもらってもなかなか返せないです、申し訳ないです>_<;

 出社前にアニメイトに寄りました。
久しぶりに色々買えてホクホク。
らきすた5巻は、冊子付じゃないバージョンはあるんですかね?
別にあってもなくてもいいんですが。
先週末に本も何冊か仕入れたし、しばらく退屈しない、かもしれない。

 26日の日ハム×楽天戦のチケットを購入しようとしたのですが、遥か昔に売り切れてました。
ダル対マー君+田中(幸)引退セレモニーが被りそうとあっては、この結果も必然か。
この試合に限らず、前売り券で買おうとするときは、大概売り切れてます。
ミーハー的、かつ、動きが遅いなと我ながら思います。



メジャーリーグに日本人選手が溢れる本当の理由 (青春新書INTELLIGENCE 182) / 鈴村 裕輔

 青春新書って、またすごい名前ですよね。
それは措いといて、タイトルの通り、日本人選手がメジャーで増えつつある理由について書いてあります。
ざっくりまとめてしまえば、「即戦力になるから」ということでした。
目が飛び出るようだった松坂への投資も、チーム内年俸で見れば理にかなった数字である、と。
で、やっぱりポスティングシステムは日本の球団の懐を暖めるためのものでしかないみたいです。
あと目新しかったのは、なぜ球団が赤字でも魅力的な投資先であり続けるのかという問いかけでした。
それに対する答えは明確に出されたわけではないですが、そこらへんはメジャーでも日本でも変わらない錬金術があるみたいです。
日本は洗練されてないだけ、です。

クラス会に行ってきた 

 久しぶりに大宇宙ひとりぼっちって感じだった。
ごめん嘘。
在学中はあまり馴染めなかった様な記憶があったけれど、案外普通に話したりできました。
時の流れは色々な問題を解決してくれるようです。
しかしまだ大学いってる人多かったなぁ……羨ましいようなそうでないような。

 で、今日は会社でした。
北海道マラソンの交通規制のせいで遅刻しそうになったのは秘密だ。
仕事は案外早く終わって、同期2人と食事してきました。
同じ職掌で入ったのに、片や週2~3日休みが確保されてて、片や16連勤とか、どーなんだ。
食事中もガンガン仕事の電話かかってくるし。
や、相手がね。自分ぢゃなくて。
明日はわが身、かもしれない。

 最近、ゲームに飽きてきました。
いやね、新しく何か買う気にもならないし、時間かけて何かやるにしても生活の破綻が前提になるし。
昔みたいに何十時間もぶっ続けでやる根性と時間がないんだよなぁ……。
たとえば、FF10をすごくやりたいのだけれど、1日3時間ぐらいしかできないなら中途半端だし、いいや、みたいな。
かといって、漫画や本をじっくり腰据えて読みたいわけでもないし、何となく宙ぶらりんです。

 そうか、宙ぶらりんだからブログ書いてるのか(→結論)



ツバサ 20―RESERVoir CHRoNiCLE (20) (少年マガジンコミックス) / CLAMP

 アニメイトの袋に半月間入りっぱなしだったという待遇の悪さ。
雑誌で追ってるから、何となくいつでも読めると思って放置しちゃうんですよ(酷)
でもぶっちゃけこの作品は雑誌で読んでてもさっぱりワケがわからないので、単行本でまとめて読むのがいいような気もします。
内容の方は、少しずつ作品の種明かしの段階に入っているような感じもしますが、実際のところよくわかりません。
そして、ファイの2つ目の呪いは、未だによくわかりません。
それでも、単行本を読まないよりは、読んだ方が断然わかりやすいです。
そんな感想です。

ぶんぶんぶぶぶん 

 ダリ展に行ってきました。
サルバドール・ダリです。
情緒不安定なときに行ったら発狂してたかもしれん(笑)
なかなか悪趣味で良かったです。
「私と狂人の違いは、私が狂人ではないことだ」の名言に惚れた。
どう見てもツッコミ待ちだろコレ。
とりあえず今欲しいものは、唾液ソファです。
ドンキかハンズに置いてありそうな気がするんだけどなぁw

 久々にマジアカやりました。
恐怖のフェニックス組にまだいましたが、結果は3位と微妙。
でも相手はナントカ賢者とかとにかく賢者ばっかりだったのでちょっと優越感。
現在、魔導士7級。

 同期がボーナスで『DRAGON BOX』を大人買いしようとしていますw
いや、私じゃないですよ?
Zも映画版も全部揃えようとすると、軽く20万は超える計算。
同期がどのような結論を下すのか、生暖かい目で見守りたいと思います。
私?
マッサージチェアが欲しいなぁ(駄)



新吼えろペン 8 (8) (サンデーGXコミックス) / 島本 和彦

 だいぶ前に読んだけど、これは声を大にして薦めたい。
漫画家パブと富士鷹ジュビロの話は何度読んでも笑えます。
ジュビロなんてもう……ピンポイントすぎるだろ(笑)
ちまちまと風呂敷を広げて畳んでいる姿が愛らしすぎます。
島本先生は何が読者にとって面白いのか、ちゃんと考えてくれてるなぁと思います。

史上最低のレガッタ 

 日曜日、社内レガッタ大会に出てきました。
なんでレガッタなんだろうか?
もちろん乗るのは初めてでした。
結局ほとんど慣れないうちに敗退してしまい、私に残ったのは日焼けと筋肉痛だけでした。
でも、テルメ跡を横目に漕ぐというのは、なかなかオツな体験だったと思います(ローカルトーク)

 最近やってるゲームは『機動戦士Zガンダム エゥーゴVSティターンズ』です。
でもそろそろ飽きてきました(笑)
使ってるのはハンブラビ(海ヘビ装備)。
まぁ、機械相手にやってる分には楽しい機体です。
宇宙世紀モードがいつまで経っても終わらんとです。

 MSNのニュースでネギま!の実写イベの模様をちょっと見られました。
タカミチとしずな先生はいいと思うな、うん。
あとは実際に動いてるのを見てみないとなんとも……。
そのためにも、見なきゃね。

 4月から黙々と貯めていたアニメイトのポイントを久々に使いました(500円分)
それでもまだ4500円分残ってます。
5ヶ月で5000円分とか、買いすぎだろ…じじゅー。
ちなみに、購入したのはジャンプと快楽天でした



ドージンワーク―彼の愛情、彼女の欲望。 (芳文社KR文庫 6-1) / 坂東 真紅郎、ヒロユキ 他

 何となくノリで買ってみた。
反省は……まぁいつものことだし。
ノベライズですが、いつものドージンワークでした。
毒にも薬にもならないのが、良くもあり、悪くもあり。
小説になると、なじみとかねるの絵の実力に関して、文章でしか説明されないので、想像する楽しみは意外とありました。
売り上げを見た限りだと、やっぱり……なんでしょうねぇ。
あー、最近絵なんて全然描いてないや。
 ところで、なんで表紙のジャスティスはなじみの胸揉んでるんでしょう?w
そもそもからしてシュールです。

読み方が違う 

 新聞には、イラストを投稿するコーナーがあります。
おそらく版権ものは載せないようにしているのでしょうが、それでもたまに載ったりするのが微笑ましいです。(担当者が多分気付いてない)
園崎魅音だったのですが。
ちょっと難易度高いか。

 金曜日、日記を書かなかったのは、飲みに行ってて帰ってきたのが午前4時だったからです。
眠くて普通にムリっす。
今週は4回ぐらい飲みに行ったなぁ。
珍しく6連勤だったし。
何とか乗り越えられてよかった。
週末でジャンプとマガジンとチャンピオンを潰します。
前回の書き込みを見てくれればわかると思いますが、サンデーだけは読んでおきました。
レンジマン、終わっちまった……。

 仕事のスランプは、小康状態に入った模様です。
金曜日の仕事でそれなりに手応えが。
一進一退が続くでしょうが、日々進歩もしているようです。
おじちゃん頑張っちゃうぞー(何)

 最近マジアカを全然やってません。
今更行ってもフェニックス組から早晩陥落するだけでしょうが。
以前プレイしたとき、アニゲジャンルで、「『タッチ』の映画は『○○○のないエース』」という問題が出て、私は普通にわかったのですが、意外と正答率が低かったのに時代を感じました。
それはそれとして、一番面白かった回答は、『甲斐性のないエース』でした。
タッちゃん、がんばれ。
てゆーか、あの映画は超展開だよなぁ、と思う。



ひぐらしのなく頃に 宵越し編 2 (ガンガンコミックス) / 竜騎士07

 ツンデレなてっぺい☆に噴いた(本筋関係なし)
話が一気に解決していった2巻。
巻前半はかなり展開が速かったですが、終盤は過不足なしか。
工の死体の解決話はもうちょっとゆっくり話を進めてもよかったと思う。
乙部君が色々頑張ってましたけども、彼が都会に戻っても、きっとあまり変わらないんだろうな、とか思いながら勝手にブルーな気分になってました。
都会はマジで生きていけません。
園崎組が一生面倒見るのが吉かと(ぉぃ)
しかし、魅音だけどうしてこんなに「きれい」に扱われるのか、あらためて納得いかんな(笑)
 ところで、『うみねこ』の評価ってどうなんでしょ?
面白いのカナ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。