39号のマガジン五つ星 

(ネタバレのため収容なのです)

続きを読む

スポンサーサイト

懐かしの大麻帆良祭 

 長男が順調に生育して7カ月になりました。
きょう、北見の嫁の実家から富良野に帰ってくる間、車内で大麻帆良祭のCD(2枚組)をかけてました。
呆れた表情の(一般人の)嫁とは対照的に私は懐かしさで胸が熱くなってしまったので、思わず書き込んでます。

 もはや知らない人も多いかもしれませんが、大麻帆良祭は2005年12月に幕張メッセで開かれたネギま!のコンサートです。
アニメの第1期ごろまでの曲がほとんど歌われた感じです。
1期までは歌がよかったんですよねぇ(遠い目)

 皆川純子さんの「雨上がりの天使」と、木村まどかさんのあいさつが特に良かったです。
あと、結構みんな音外してるのにノリで押し切ってるのも、普通の曲つなぎ合わせて聞くより楽しめた。
当時でも設定が明らかになってないキャラが結構いたのも思い出したし。
それよりも何よりも、会場前にグッズ買うために早くから並んで、本番では休憩なしの半強制オールスタンディング(一部オタ芸)だったことを思い出し、あの頃は若かった……と思った次第。

 以下、嫁の感想。
・観客に呼び掛ける「みんなー」に違和感がある。
・何でみんなこんなに声が高いの→同じくらいの年代の人いっぱい出てるよ→えっ?


追記:おニャン子クラブに「会員番号の唄」というのがあるのをつい最近知りました。
これが出席番号の歌の元ネタか……。

ロマサガ2をやっている 

 このゲームほど生兵法が恐ろしいものを、私は寡聞なので知りません。

 小学生の時にSFCでプレーして以来、散発的にやっているのですが、今回はガッツリと攻略サイト見ながらやってます。
そうするとですね、活人剣とか千手観音とか、狙った最初の戦闘で覚えちゃうんですよ……恐ろしい。
アホみたいにヴリトラ相手に戦っていた昔の自分は何だったのかと。
活人剣なんてライフスティールと一緒で幻の技だと思ってたのに。
現在、最終皇帝の1代前で、斧棍棒技能持ちの男4人(皇帝ホーリーオーダー、ノーマッド、サラマンダー、フリーファイター)がラピッドストリームでLv40超のヨーヨーを投げまくって、イーリスがギャラクシィとかウインドカッターを飛ばしてます。
万が一の時のために、全員が活人剣持ってるよ!
もうこうなると、このゲームの面白さがほとんどなくなります(^^;)
シャドーサーバントとクイックタイム使いまくって術Pを切らしてた昔が懐かしいよ。

 このゲームが面白いのは、敵が自分たちより高いスペックをもっているのは、HPぐらいだということですね。
こっちは相手のHPをガンガン削るため、強力な攻撃を使っていくのですが、向こうも結構惜しげもなく使ってくるんですよね……。
待てよこっちのHPは3ケタまでだぞと言いたい。
具体的には触手とかトリプルヒットとか。
あと、全体攻撃も泣けてくる。
全体回復魔法なんて持ってねーぞ!!
最高レベルの敵が出始めると、まともに戦ってたら技Pがいくらあっても足りないのは困った。
浮遊城とか発狂レベルです。

 そんなこんなで、あとはロックブーケからテンプテーションを見切ったらノエルとスービエを残して最終皇帝になるはずです。

(参考サイト)
アバロン宮殿
RomancingSa・Ga2私的表