スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパロボW早解き 第8話「沖縄の一番暑い日」 

あらすじ

 修学旅行で沖縄を訪れていたかなめは、たまたま護と会い、そして当然のようにゾンダーに遭遇する。
宗介は試作の戦闘用パワードスーツ・ボン太くん」でマイクと共同戦線を張り、対抗する。
時間稼ぎが奏功しプロジェクトWとヴァルストークファミリーも駆け付けるが、ASを擁する謎の勢力が現れ、かなめの拉致を試みる。
これは難なく退けたものの、かなめは機体トラブルに見舞われたリリーナ・ドーリアンと同じ飛行機に乗ることとなり、不穏さを増していくのだった。


攻略

 ボン太くんとマイクが初期出撃。
かわいいボン太くんにたくさん仕留めてもらいます。
敵フェイズになり、5機落とすとマオ、クルツ、ボルフォッグが増援。
残りの1機を落とすと、海中にウッポくん型ゾンダーが出てきて大量の増援が湧き、同時にこちらの本隊も到着。
とりあえず向かってくる敵を消していくと、デュオのマップ兵器(観覧車の根っこから撃つと良い)で6機と、個別に落とせそうな3機が残るので、次のターンで落とします。
明けて2ターン目、マップ右下に第3勢力9機が登場。
宗介、マオ、クルツの3人のほか、比較的近くに移動しているヴァルストークのマップ兵器(ブレスが「気迫」を使用)も使って、落としましょう。
カズマはブレスとデュオに再動1回ずつかけた後、自分に覚醒を1回かけて、ブレスが撃ち漏らした2機を落とします。
最後にデュオがマップ兵器でゾンダーを落とせば、イベントが発生してステージクリアです。
2ターンかかり、累計15ターンとなりました。

スポンサーサイト

スパロボW早解き 第7話「『出会いと別れ』の赤い星」 

あらすじ

 ナデシコが火星に到達し、アキトは故郷のユートピアコロニーの荒廃ぶりに呆然とし、原因となった第一次火星会戦を指揮していたフクベ提督に当たり散らす。
火星で合流したイネスの導きにより、生き残りの居住区に向かうナデシコだったが、木星トカゲの大群から襲撃を受ける。
火星に迷い込んだゴライオンとも共同戦線を張るが、近隣のチューリップから次々湧き出る木星トカゲ、乱入してきたガルラに対し、次第に追い込まれる。
フクベ提督はナデシコのチューリップへの突入による戦線離脱を提案、ユリカは苦渋の決断で生体ボソンジャンプに賭けるのだった。


攻略

 主人公たちの出る幕はなし。
ナデシコほか、エステバリス5機が出撃。
陸戦の3人娘はカトンボの削り役に。
空戦のアキト、ガイ、そしてナデシコを前出しして、敵フェイズで倒せるようにしておきます。
(※別にカトンボ落とさなくてもクリアはできる)
そんなこんなで、8機ほど落としたところで木星トカゲ増援。
からのゴライオン合流。
さらに5機撃墜すると、再び木星トカゲなどが増援。
もう1機落とすと、イベントが発生しステージクリア。
ガイが柿崎っぽく撃墜されて死亡、のはずが……。
1ターンでクリアし、累計13ターンです。

スパロボW 早解き第6話「GGG危機一髪」 

あらすじ

 スペースナイツとプリベンター、GGGの統合に向け、着々と布石が打たれていた。
GGGは陣代高校の生徒たちが表の顔である宇宙開発公団を見学している最中に、テッカマンダガー、ゾンダーの襲撃を受ける。
混乱のさなか、Dボゥイはペガスの中でテックセットし、再びテッカマンになることができた。
戦闘後、GGGの大河長官は、ヴァルストークファミリーに合併組織の「プロジェクトW」の下で戦ってほしいと依頼を出すが、トレイラーの誇りを重んじるカズマは激しく反発するのだった。


攻略

 氷竜と炎竜が出撃。
片方にメガブースターとSアダプターでも付けて、敵陣に突っ込ませれば、敵フェイズでラダムは全機落とせます。
もう片方は、増援で出てくるラダムに備え、上方へ。
5機ほど落としたところで、ヴァルストークも出撃します。
後々ゾンダーが下方に出てくるので、とりあえずデュオだけは下に置いておき、残りは上の方に。
その後、敵を撃墜するごとに小刻みにイベントが起こり、中にはテッカマンダガーがピッツァに遭遇して「赤の星の戦士」と呟くクロスオーバーならびに伏線が張られたりもします。
明けて2ターン目には下のゾンダーとテッカマンダガーぐらいしか残っていないはずなので、好きに倒します。
今回はデュオが初期配置でゾンダー集団のど真ん中にいるので、祝福、応援をかけたマップ兵器で11機を一掃し、テッカマンダガーは幸運持ちのブルーアースで落としました。
お金は大事です。
2ターンでステージクリアし、累計12ターンになりました。

スパロボW 早解き第5話「機界・機械・奇々怪々」 

あらすじ

 Gアイランドシティの陣代高校には相良宗介が転入し、千鳥かなめは非日常の世界に巻き込まれることになった。
GGGを狙うゾンダーが現れ、ミスリルとの臨時の共同戦線で撃退したのも束の間、あしゅら男爵が機械獣を従えて街を襲撃。
先日の戦いでダメージを受けたマジンガーチーム、大気圏突入直後のヴァルストークファミリーも駆け付けるが、あしゅら男爵はアフロダイAを人質に取り、マジンガーZが敵対することになった。
同士討ちを愉しみ、マジンガーにとどめを刺そうとしたあしゅら男爵だったが、潜伏していたクルツの狙撃で人質を解放、マジンガーは自爆し、あしゅら男爵を道連れにしたのだった。


攻略

 初期出撃はマオ(M9ガーンズバック)、クルツ(同)、そしてボルフォッグ。
敵はゾンダーのほか、8機います。
4機倒すと、ガオガイガーらが到着。
4機というのが嫌らしく、結局ターンをまたぐことに。
どう頑張っても1ターン目の味方フェイズでは2機でしかゾンダーに攻撃できないので、手数重視でマオとクルツは目の前の敵を無視してゾンダーに突っ込み、クリティカルを出してもらい、ボルフォッグもゾンダーには届きませんが、前進しておきます。
マオとクルツは過去周回で機体、パイロットとも強化が甘かったので、ちゃんとやってれば1ターン撃破も可能かもしれません。
ガオガイガーの到着とともにマオ、クルツはいなくなり、攻撃はボルフォッグに集中するので、気力をためる意味でもどんどん倒してください。
ゾンダーからは攻撃してこないのも嫌らしい。
それでも、何とか2ターン目の味方フェイズで、ボルフォッグの攻撃によりゾンダーは倒せます。
イベントが発生し、後方にいたガオガイガーがゾンダーの前まで進むので、未行動にしておきます。
 ここであしゅら男爵とマジンガーチームが現れ、グール撃墜が勝利条件となりますが、ガオガイガー含め誰も初手では攻撃できず。
これまた嫌らしい。
敵フェイズに入り、計5機撃墜すると、ヴァルストークファミリーが到着し、これでようやくまともに戦えるように。
マジンガーを落とせば終わりなので、お好きにどうぞ。
3ターンでステージクリアとなり、累計10ターンになりました。
今回が1ステージでは一番ターン数がかかるのではないか。

UQ HOLDER!第83話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・AKB49
・リアルアカウント
・ベイビーステップ
・ルポ魂!
ドメカノのヒナはとことんダメな大人だなぁ。
打ち上げ花火が○子!(酷い指摘)
以下ネタバレです。











続きを読む

おさらいネギま! 

 昨日は、神楽坂明日菜が火葬されて10周年だったそうで。
久々にネギま!の話題で盛り上がっていたので、つい最終38巻だけ読んでしまいました。
ネギま!のネタバレは今さら警戒する必要もないですが、ちょっとUQ HOLDER!にも触れるので、ネタバレ改行しておきます。











続きを読む

スパロボW早解き 第4話「砕け散る希望」 

あらすじ

 オービタルリングの生存者救出の依頼を受け、功名心からブレスに無断で先行調査隊に潜り込んだカズマは、テッカマンダガーに遭遇し、窮地に陥る。
Dボゥイはダガーの罠によってテックセット不能となり、戦闘後にシステムボックスが破損した。
防戦一方の面々だったが、リングの守備隊隊長のバーナードの機転と、オーガンの援護によりスペクトル発生装置を破壊し、ダガーも退けた。
作戦後、ブレスはカズマの勝手な行動を咎め、宇宙の怖さ、一人の人間の弱さ、生命の大切さを身をもって叩き込むのだった。


攻略

 初期配置はブルーアースのみ。
厳しい。
1機落とせば敵集団の左上からノインのトーラスと美剣のバードマンが増援で来てくれます。
敵フェイズに入り累計6機ほど落とすとイベントが発生し、ダガーがラダムの大軍とともにマップ左下に現れる。
初期配置の残った敵はヴァルストークと、デュオかカトルに相手させておけば良いと思います。
ブレードも敵増援の近くに出てくるので、反撃で片っ端から落とします。
それでも、ダガーを含む3機は動いてこないので、結局2ターン目へ。
残った3機は、煮るなり焼くなり、ご自由に。
今回はヴァルストークを大移動させてマップ兵器+祝福、応援でレベルアップと資金稼ぎに勤しみました。
2ターンでステージクリアし、累計7ターンになりました。

スパロボW早解き 第3話「ミッション『ナデシコ破壊指令』」 

第3話あらすじ

 ネルガル重工の意向で火星調査に向かうナデシコの前に、連合軍が接収しようと追撃部隊を送るが、交戦中に木星トカゲが現れ、撤退する。
同時に、ナデシコ破壊の依頼を受けたヴァルストークファミリーが追いついたが、スペースマンの心意気でただちに破壊はせず、木星トカゲ掃討に協力した。
戦闘終了後、連合軍の極東方面軍が追いつき、進退窮まったナデシコは、カズマの手によって轟沈したかに見えた。
本当の依頼は、ナデシコの偽装撃墜で連合軍の追撃をやめさせることだったが、概要を知らされていなかったカズマらの迫真の撃墜劇で信憑性は増し、ヴァルストークファミリーには「やりすぎ」による修理代の請求が回ってきたのだった。


攻略

 初期配置はナデシコと、アキト、ガイのエステバリス(OG)。
敵は、デルフィニウムがエステバリスの射程外から撃ってくるのが煩わしいです。
4機撃墜するとヒカル、リョーコ、イズミのエステバリスが上方に増援。
8機撃墜すると、イベントが起きて連合軍が撤退し、木星トカゲが大量発生(15機)します。
1ターンでここまで持っていくのは難しそうなので、せっかくなら2ターンかけて、アキトを前出しさせて、連合軍の中にいるムウを落としましょう。
ガンファイト+1を持っています。
ガイは命中補正の精神コマンドを持っていないので、まるで当たりません。
木星トカゲ発生とともに、ヴァルストークファミリーが戦場に到着。
こうなれば、終わったようなものです。
気力113で出てきたデュオを、2機落としがてら真ん中にいるカトンボの下のマスまで誘導し、マップ兵器を使えば残りは5機。
ひょっこり味方で戻ってきたムウさんと、ヒカル、リョーコ、イズミが1機ずつ落とし、残り1機はカズマが覚醒使って落としに行きます。
あとは、イベント進行で終了。
2ターンでした。
累計5ターンになります。

スパロボW早解き 第2話「白き鉄騎士たち」 

 インターミッションでは、加入ユニットのフル改造ボーナス付加やパイロット養成を行います。
フル改造ボーナスは、武器の射程+1、移動力+1が基本です。
また、5周目からの引継ぎで資金が大量に余っているので、クリアボーナスによる強化パーツ購入を敢行します。
以下、有効そうなもの
・P.A.S.F.U:1マス移動ごとに精神ポイント回復。とりあえず1個ほしい。9万。2個買った。
・リフターモジュール:飛行可能に加え移動力+2。さらに空適応がSに。たくさんほしい。7万。6個買った。
・超高性能電子頭脳:射程+2、運動性+20、命中+25%。たくさんあるとうれしい。8万。6個買った。
・メガブースター:移動力+2。リフターモジュールより安い。4万。6個買った。
・S-アダプター:地形適応が全てSに。1~2個あれば十分。6万。2個買った。
その他、精神ポイント回復系のパーツも買い放題ではありますが、とりあえず自粛。
144万ほど使ってますが、これでしばらく持ちそう。
ヴァルホークはPASFUとリフターモジュール。
他の機体はリフターモジュールもしくはメガブースターと、超高性能電子頭脳を付けていればいい感じです。
余った金は、武器改造が10段階で止まっているユニットにつぎ込む。
会話パートでは、艦の基本設計図と家族のライフデータの複製を脱出用シャトルに積んであるという伏線あり。


第2話あらすじ

 ラダムに制圧されたオービタルリングを調査していたスペースナイツでは、テッカマンブレードが敵前逃亡したため不穏な雰囲気になっていた。
再びラダムと遭遇した戦いの途中、ブレードは自身が30分しかテックセットできないと告白した。
ブレードの時間切れを狙うように大量に現れたラダムに冷や汗をかいたが、ヴァルストークファミリーや、敵か味方かわからないオーガンの援護で、辛くも窮地をしのいだ。
過去の記憶がないというDボゥイ(ブレード)だが、イバリューダーや憎きラダムについて知っていることを、訥々と話すのだった。


攻略

 ブルーアースとテッカマンブレードが強制出撃。
やや前線にいるブレードの武装は現時点で、

クラッシュイントルード:6700 2~6
ボルテッカ(MAP):6950 1~8
テックランサー:7000 1~3
ボルテッカ:7700 3~8

となっており、まっすぐ突っ込ませれば、敵フェイズの反撃で初期配置のラダム5体は殲滅可能です。
全滅後、下方に大量(21機)のラダム増援が現れます。
向かって来る内の1機をブレードが倒すと、NPCのオーガンが現れてアンク・アタック(MAP)を使い、後方のラダム12機を破壊します。
悪いことに、その後もラダムはオーガンに向かっていくため、オーガンはさらに5機を撃墜します。

 明けて2ターン目。
オーガンを追撃したイバリューダー(ラング9機)が上方に出現し、うち1機をオーガンがイベントで撃墜。
ここでカズマらが増援で現れるので、残った計11機を6機で手分けして倒します。
敵フェイズ反撃を使えば、覚醒、再動を使うまでもないですが、これ以上オーガンに資金と経験値を取られるのも癪なので、味方フェイズ中に一掃しましょう。
デュオが3機撃墜すれば、マップ兵器を使えるようになるので、再動を3度使えば大丈夫です。
カズマの精神ポイントは322で、彼の再動の消費ポイントは63なので、特に問題なし。
出撃後の気力ボーナスのためにも、できるだけデュオが落とすようにするのが吉かと。
2ターンでステージクリアで、累計は3ターンになりました。

スパロボW早解き 第1話「宇宙の海に帆をあげろ」 

 プロローグの混沌ぶりが狂おしいほど好き。
地球はほぼ詰んだ状態であるが、それでもシリーズ中ではマシな方にも思える。
全文紹介したいが、割愛で。
多分どこかで紹介されてると思います。

 主人公の精神コマンド設定です。
デフォルトでは、
レベル1:不屈
レベル5:集中
レベル15:闘志
レベル25:熱血
レベル35:気合
レベル45:愛
です。
これはこれで良いのですが、クリアエディットが可能なため、せっかくなので改造します。
レベル1:覚醒
レベル5:再動
レベル15:闘志
レベル25:魂
レベル35:献身
レベル45:愛
初期レベルは5なので、再動まで使える状態です。
5周目からは、魂と献身を入れ替えてみました。
加速が初期からほしいところですが、覚醒と再動は動かせず、ダメージ水増し系も欲しいので、泣く泣く断念。
後半からはサブパイロットが加速使えるので……。
敵改造値は、ヌルゲーマーなので0です。


第1話あらすじ

 宇宙トレイラー(運び屋)一家・ヴァルストークファミリーの長男、カズマ・アーディガン(主人公)は、父のブレスフィールドから航海日誌を書くことを課されていた。
 ロウたちジャンク屋との仕事を終えたヴァルストークファミリーは、36回目の倒産危機を逃れるべく、プリベンターの依頼でデュオ、カトルの地球までの護衛を請け負うことになった。
 出航の際、宇宙海賊が待ち伏せていたが、カズマはトレイラーの誇りをかけて、愛機・ヴァルホークで出撃。
その後のイバリューダーの襲撃も難なく退けた一同だったが、トレイラーの誇りにより、2人の護衛は無料で引き受ける羽目になったのだった……。


攻略

 ヴァルホークとヴァルストークが強制出撃。
敵の初期配置は5機で、全てヴァルホークの攻撃範囲内です。
カズマの精神ポイントは318で、覚醒の消費ポイントは42なので、8回行動できます。
初期状態での武装は、

レーザーバルカン:5300 1~3
ビームショットランチャー:6800 1~4
レイブレード:7000 1
プラズマエクスキュージョン:7200 2~7※気力110、使用可能
ジェイドフロウジョン:7500 1~3※気力120、使用不可

となっているので、覚醒使って殴り続ける作業です。
全滅させると、上方に敵増援(エイド6機)が出現します。
同時にガンダムデスサイズヘルとガンダムサンドロック改が味方増援で来ますが、特に仕事がないので、サンドロックに補給装置でも使わせておいてください。
ヴァルホーク1~2回分の移動で敵中心部に入れば、射程3内に全機収まるので、ここでターンを終えて、敵フェイズの反撃で全滅させます。
全滅後、オーガンが乱入しますが、こっちが手を出す余地はなし。
1ターンでステージクリアです。

スパロボW早解き 予備知識 

 ニンテンドーDS用のソフト「スーパーロボット対戦W」面白いです。
オリジナル主人公のテーマが親子(家族)の絆で、熱い(そして強い)。
参戦作品も、同様の側面を厚めにフィーチャーしていて、ストーリーに一本太い柱が入っています。
難度が低く、周回ボーナスもあるのでサクサク進むのも、私のような面倒くさがり屋の社会人にはうってつけですね。

 では、どれぐらいサクサク進むのか。
幸い、36ものセーブスロットがあるので、これまでのクリアデータは全部取ってあるのですが、各周のクリアターン数は以下のようになっています。
1周目=269ターン
2周目=232ターン
3周目=153ターン
4周目=114ターン
5周目=89ターン
全55話です。

 敵はできるだけ殲滅し、経験値と資金を稼いでクリアするプレースタイルは変えてませんが、かなり短縮してます。
全クリ特典として、ユニット改造値やパイロット養成値、資金の引き継ぎ、主人公の精神コマンド編集、強化パーツ購入ができるので、どんどん力技が可能になります。
5周目はかなり気を遣って短縮したので、これ以上縮めることができるのかはわかりませんが、6周目に入ってみます。
DSLiteでプレーし、裏技は使ったり使わなかったりです。ユルいです。

 まず、よく使うユニットです。
マップ兵器持ちが重宝されます。

・主人公+主人公機
 主人公の精神コマンド編集とパイロット養成、反則的な強化パーツ取り付けにより、手の付けられない存在になる。
5周目の精神コマンド編集は、レベル1:覚醒、レベル5:再動、レベル15:闘志、レベル25:献身、レベル35:魂、レベル45:愛とした。
終盤でうっかり使えるようになってしまう、精神ポイントが無限増殖する裏技を使わないとするなら、献身、愛あたりが無駄になりそうなので、無難に熱血とか加速とか入れたい。
主人公機は最終的に6人分の精神コマンドが使えるようになり、死角はないのだが、5周もすると色んな感覚が麻痺しており、マップ兵器の範囲の狭さが唯一の欠点に見えてくる。
ちなみに、射程3~8の着弾地指定型(中心地から射程2)で、贅沢言うなという話である。
5周目の撃墜数は254機。

・デュオ+ガンダムデスサイズヘル
 序盤からいて、最初から広範囲のマップ兵器(自己中心型で射程5)を使えるのが素晴らしい。
あああああ■
ああああ■■■
あああ■■■■■
ああ■■■■■■■
あ■■■■■■■■■
■■■■■○■■■■■
あ■■■■■■■■■
ああ■■■■■■■
あああ■■■■■
ああああ■■■
あああああ■
これ。
しかも必要気力はわずか120。
パイロット養成や撃墜機数ボーナスにより、出撃当初から使えるという神仕様。
必中を最後に覚えるのが厄介だが、正直どうにでもなる。
水中地形適応がAなのも、地味に大きい。
通常武器の射程が短く、敵フェイズで反撃に苦労するが、早解きではあまりそういう状況にならない。
ちなみに、5周目は550機撃墜してくれました。

・テッカマンイーベル
 後半から登場するが、射程1~8の着弾地指定型で広範囲のマップ兵器(中心地から射程4)であるリアクターボルテッカが頭おかしい。
デュオのように敵陣の真ん中まで突っ込まなくても良いので、約1回分行動を省ける。
必要気力は130で、どちらを使うかは、敵の配置(とその時の気分)によって変わる。
リョーコらが激励を覚える時期にちょうど登場するので、大いに活用すべし。
あと、サブパイロットが突撃を覚えるので、ボス機を通常版のリアクターボルテッカで削ってからマップ兵器で殲滅することもできる。
5周目の撃墜数は238機。

・キラ+ミーティア、アスラン+ミーティア
 ミーティアは終盤に使えるようになるが、マップ兵器「ミーティア・フルバースト」の攻撃範囲が鬼。
■■■■■■■■■
■■■■■■■■■
■■■■■■■■■
あ■■■■■■■
ああ■■■■■
あああ■■■
ああああ■
ああああ○
こんな感じ。
必要気力は130。
キラもアスランも覚醒を持っているので、心おきなくぶっ放してあげましょう。
キラはフリーダム登場時から、似たような運用が可能。
また、フリーダムの改造値はジャスティス登場時に引き継がれるので、効率よく改造するのが吉。
ついでに改造値が引き継がれるグゥレイトなバスターも良機体です。
5周目では、キラは113機、アスランは53機落としています。


・ヒイロ+ウイングガンダムゼロ
 デスサイズと同様の攻撃範囲のマップ兵器持ち。
ヒイロはデュオより登場が遅いが、魂まで覚えるので、高ダメージを狙いたいならこちら。
5周目は376機落としました。

・テッカマンブレード
 強制出撃が多く、彼が敵を倒すまで増援が来ない、などのパターンもあるので、強化は必須。
幸い、必殺技のボルテッカは強いので、鍛え甲斐はあります。
マップ兵器版の(ブラスター)ボルテッカは使いやすい攻撃範囲ですが、いかんせんデンジャラスボゥイで単独行動が多いので、気力を上げるのに苦労します。
あ■■■■■■
○■■■■■■■■
あ■■■■■■
覚醒、突撃、魂持ちなので、せっかくだから有効活用すべし。
5周目は151機撃墜。

・凱+ガオガイガー
 テッカマンブレードと同様、強制出撃が多く、彼が強くなければ始まらないし終わらない。
射程の短さに苦労させられますが、スーパーロボットとしてはあるべき形かと思われます。
なお、最終盤に覚えるゴルディオンクラッシャーのマップ兵器版は、攻撃力、攻撃範囲、共におかしいので、ぜひ使ってみて下さい。
ああああああ■
あああああ■■■
ああああ■■■■■
あああ■■■■■■■
ああ■■■■■■■■■
○■■■■■■■■■■■
ああ■■■■■■■■■
あああ■■■■■■■
ああああ■■■■■
あああああ■■■
ああああああ■
これです。
必要気力140にふさわしい。

・如月アキ、ミレッタ・ルルージュ+ブルーアース
 必須なのはミリー。
貴重な「再動」を覚えてくれます。
それまでも、祝福、応援要員として欠かせません。
アキはメインパイロットではありますが、役目はミリーのレベルアップのサポートです。

・ローリィ、ロール+ミリオンα
 ルートによってはいつの間にか加わっているが、ローリィが再動を覚える。
ロールが献身を覚えるので、組み合わせるとかなり粘れる。
覚えるまでは、補給装置などで頑張って育てるべし。

・甲児+マジンカイザー
 4周目まで主力を張っていました。
鉄壁、必中で突っ込ませれば、ほとんどの敵を敵フェイズで落としてくれる鉄の城です。
マップ兵器中心の攻略をした5周目では活躍の場が減りましたが、強制出撃マップと、中盤に敵増援が湧き続けるマップで猛威を振るいます。
後半は命中アップのパーツを付けて支援要請で使うのがいいかも。

・真ゲッター
 同じく4周目までの主力。
精神コマンドが充実しているので、対ボスのとどめ役にもよく使います。

・ゴライオン
 初登場なので、強制出撃が多い。
改造必須。
精神コマンドが多彩で、サポート役もこなせるのは好材料。

 大体こんな感じです。
6周目入ります。

UQ HOLDER!第82話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・AKB49
・徒然チルドレン
・ピンキュー
・ベイビーステップ
しばらく見ない内に、りぶねすの方向性が若干変わっていたのが面白かった。
あと、ミヤジマ先生の巻末コメントが泣ける。
以下ネタバレです。











続きを読む

UQ HOLDER!第81話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・AKB49
・ルポ魂!
・徒然チルドレン
・アクマゲーム
瞬間最大風速的には、ミヤジマ先生の「2年前から考えていたんです 2年前から‥」が最高でした。
阿部のいる町とかやってる場合じゃなかったんじゃ……。
敢えて連載にねじ込んだことは評価したい。
以下ネタバレです。











続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。