スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やすらぎの郷#14 

 月9ドラマや新聞、雑誌のオファーを断りまくる脚本家。
そんな場面で見てしまった、「コイノサシミ」宛ての手紙。
運営にカマをかける脚本家だが、しらを切られ……。
脚本家は姫に、言葉巧みに草取りを押し付けられる(笑)
うーんさすが姫。
芸能界の元ドン、カノウエイキチ99歳はご存命。
コイノサシミの正体と連動してる話になり、興味を引く感じに。

スポンサーサイト

やすらぎの郷#13 

 午後4時から開くバー、ソフレ(添い寝フレンド)、覆面作家コイノサシミ……
なかなか味わい深い用語がたくさん。
映画で絶対死ななかった英雄が、電気紙芝居で殺されることになった寓話も切ない。
今度はシャンソンの女王が登場。
「半分壊れた」と表現されてるが、脚本家の叙述トリックだったりしないかなぁ、とか思ったり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。