スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒論以前と格闘中 

 さて。
こちらにございますのは、
・『誰も知らないトヨタ』

・『あなたの知らないトヨタ』
の2冊でございます。
レポートを書く関係でトヨタを調べる必要に迫られてこの2冊の本を手に入れたのですが……
タイトルが酷似しているのに、内容が鮮やかに正反対だったことに驚きを隠せません。
端的に言えば、前者がトヨタ賛美で、後者がトヨタ叩きです。
私は後者の関係で調べたかったのですが、なかなかその手の本がない。
で、色々調べていくうちにわかったのは、

トヨタは大概のメディアにとって大口のスポンサーなので、大っぴらに叩けない

ということ。
そういえばリコール隠し問題とか、三菱のときほど騒がれませんでしたよね。
どマイナーな出版社の本か、企業問題研究者の論文か、ネット上ぐらいでしか、大々的なトヨタ批判は見ることができません。
あの『自動車絶望工場』ですら、当初『トヨタ絶望工場』というタイトルにするはずだったのが、直前になって出版社側からタイトル変更を求められたとか。
それでも出版しただけ偉いですわ。

 面白いのは、同じことについて書いてても評価が真っ二つに割れていること。
例えば、社の有名な語録に関する解釈。

「人間の一生というのは何時間の集まりだから、一時間という時間も一生、すなわち命だ。従業員は自分の一生のうちの大切な時間を会社に提供してくれるわけだから、有効に使わなければ、命を無駄遣いすることになる」(豊田英二氏、最高顧問)


に対して、『誰も知らないトヨタ』(賛美)では、

つまり、トヨタは、「社員の時間を有効に使わなければ申し訳ない」という考えに立って、マネジメントを行っている。したがって、その労働が何ら付加価値をうまなければ、時間を有効に使ったことにはならない。すなわち、企業には、社員の付加価値創造の場の提供ばかりか、有効な働きをサポートする責任がある。たとえば、社員が思う存分に力を発揮できる職場環境を整えたり、働く場において、社員が満足感や幸せを感じられるように、さまざまなサポートをしなければならない。


となり、『あなたの知らないトヨタ』(批判)では、

これをみてもわかるように、トヨタのいう「人間性尊重」とは、働く一人ひとりが能力を十分発揮して、それにふさわしい評価と報酬を受け取るということなのである。トヨタで働く時間に、会社のために能力を発揮すること、発揮させるようにすることが「人間性尊重」だというのである。
 だから、企業にとって必要のない労働者は放り出して「能力」が発揮できるところで働いてもらうことも「人間性尊重」になる。企業に残った労働者は、業績重視の能力・成果主義管理で徹底的に締め上げることが、トヨタの「人間性尊重」の本当の意味であるといえる。


となる(笑)
同じことを書いているのに、ニュアンスが全然違うミラクルがここで起こっています。
ちなみに、トヨタがどれぐらい人間性尊重をしてくれるか(=社員が思う存分に力を発揮できる職場環境を整えてくれるか)というと、

朝六時にベルトが動き出すと、十一時までの五時間、一度も止まることなく、正確に一分二十秒ずつ組み立てるべきミッションが流れてくる。(中略)十一時にラインが止まる(中略)十一時四十五分。またコンベアが動き出す。その十分ほど前から、部品を補充したりの段取りをするから、ゆっくり休めない。(中略)二時十五分、終業。
『自動車絶望工場』より
※ベルトコンベアの速さはベテランのスピードに合わせてある感じ。


これくらい。
まぁ、世界一を目指すには、これぐらい人をこき使わないとダメだってことだそうです。

 このレポートは予想外に面白いんだけども、調べるのに夢中でちっとも書き出せない件。
色々とヤバいわぁ。
スポンサーサイト

コメント

従兄弟がトヨタで働いてるけど

それほど社員としては不満はないみたい。
まぁ、エリート組でまだ新人ってのもあるのかもしれないけど^^;

待遇は世界の自動車メーカーの中でもトップクラスですからね。
仕事内容とか企業体質が肌に合うか合わないかが大きいと思います。
個人的には負け組思考なので、きっついなぁ、とか思ったり。

F1は・・・

トヨタはF1の世界だと、フェラーリの設計図をパクったとか、大金を投入しているのにまったく勝てないとか、
いろいろ批判にさらされてますよww

モータースポーツでのトヨタの不正だとか、フェアではない、とかいわれるのはヨーロッパ内が多いですね。
日本じゃこの前の万博でのトヨタ生産主義の導入などもあり、どこかとトヨタ至上主義的な感じがしますね。

トヨタは今や日本の誇りですからね……。
もちろん外国から見たら面白くないわけで、国内の評価も国外の評価も、ある程度バイアスがかかってると考えた方がいいかなぁ、と。
F1もノウハウがないと厳しそうですし(^^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/180-755febee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。