スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動のすすめ2 

 質問がありました。
OB訪問はしたのか、あるいは、どれぐらいタメになるかという内容。
自分、OB訪問は1回です。
しかも、その企業は気付いたらエントリーが締め切られていて受けられませんでした(笑)
社名は、小学館という会社なのですが……。
OB訪問というか、母親の友達の息子さんが小学館に入社したので会わせてくれたのですね。
親にも相手の方にも、申し訳ないことをしてしまいました。
しかも訪問した時は入社試験の話より漫画の話のほうが多かったし(爆)

 そんなわけで、実質的にOB訪問はゼロ。
それでも何とかならないことは全然ないです!
ただ、OB訪問にはやっぱりメリットがあって、現役の社員から生の社内が見えてくるのがポイントだそうです。
自分がその企業に魅かれている点が、社内ではどれぐらい活かされているのか、もしくは実は口だけなのかも、案外すんなり教えてくれるとか。
あと聞いておきたいのは、「一緒に働きたい人」の条件ですかね。
もし聞けたら、面接やエントリーシートで自分の合致する部分をアピールすれば効果は抜群のはず(テンプレすぎるのは禁物ですが)。

 結局自分は、時間がなかったのと面倒臭かったのでやりませんでした。
ただ噂では、超大手企業になると、東大早慶一橋以外はOB訪問してなければ無条件で斬るなんて不文律があるところもあるとかないとか。

結論:やらないよりはやった方がいいが、血眼を上げてやるほどではない。但し、どうしても行きたいところぐらいは……

こんな感じ。


 就活中に一番印象に残っているのは、ユーザー系SEで内定をいただいた企業でした。
最終の1歩手前の面接で、適性&筆記試験の結果をこっそり見せてもらったのです。
他の企業ではそんな経験なかったのでビックリしました。
ビックリしたのはそれだけじゃありませんでした。
当の結果にもビックリ。
何と、適性が100%中3%とか4%とかだったんです(笑)
何故それで通ったのかといえば、筆記が断トツに良かったかららしいのですが……冷静に考えて適性なきゃヤバいんじゃね?(^^;)
「機械的な判断に完全に依存するのは良くないから、私たちが見てるんです」と、人事の方にフォローしていただきましたが、苦笑いするしかありませんでした。
だって、多分他のSE職の適性も同じく酷かっただろうからw
ね、筆記試験、アテにならないでしょ?(^^;)
ちなみに、CSK(←独立系SEで最大手)は、筆記で落とされました。
つまり、そういうことなんです。

 その姿勢が祟って、別の場面で痛い目を見るのですが、それはまた今度……

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/185-d05a9519

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。