クロノトリガーをクリアしました 

 1日と2日は当初休みだといわれていましたが、平日のため出てこないと賃金計算上ややこしい事になってくるということだったので、出勤してきました。
仕事内容:見てるだけ
これでいいのか社会人(^^;)
いや、でもね、ドモ○ルンリンクルの中の人もそういう仕事してるっていいますしね?
とにかくわかった事は、8時間ただ見てるだけっていうのも大変だ、っていうことです。
仕事のノウハウを少しでも盗めるよう、頑張ってみました。

 3日はクロノトリガーやってました。
クリアしました。
終盤はほとんど戦闘では詰まらなかったです。
黒の夢の終盤の連戦はかなり厳しかったですが。
で、「つよくてニューゲーム」をはじめたのですが、あまりにもサクサク進めるので止めてしまいました。
人間の心理ってフクザツ……。

 4日は家でゴロゴロ。
新聞読んだり漫画読んだり本読んだりしているうちに一日が終わってしまいました。
そんな一日もアリです。



世界が100人のAV女優だったら (扶桑社)

 表紙買い、というかタイトル買いですね。
だってほら、AV女優ってどういう人がなるのか気になるじゃないですか(そうか?)
アンケートに100人のAV女優が答えたものをまとめた内容でした。
二村ヒトシの解説がわかりやすいです。
あと、痴女はファンタジーだってことがよくわかりました(笑)



世界反米ジョーク集(中公新書ラクレ)

 『世界の日本人ジョーク集』が面白かったので、こっちも読んでみました。
もちろんジョークも沢山掲載されていましたが、『世界の日本人ジョーク集』よりは、(アメリカの)現状を解説した文章が多かったかな。
というか、反米ジョーク集というより、反ブッシュジョーク集って感じかもしれない。
それだけジョークは鮮度が命の部分も大きいのだろうなと思いました。
よくこんなジョーク、世界中の皆さん考えますよね。



あいこら 7巻(井上和郎)

 バカ漫画(褒め言葉)の趣ではじまったこの漫画もついに7巻が発売。
『美鳥の日々』の長さと肩を並べようかというところまで来ているのがちょっと信じられませんが、勢いに衰えは感じません。
まともに考えてみると、この漫画のテーマはハチベエがパーツ愛でないたった一人への愛を見つけることになると思うのですが、そういう意味では7巻は一つの区切りになっています。
でも、次の話から何事もなかったようにハチベエの日常に戻っていくのが、この漫画のバカ漫画(褒め言葉)たるゆえんなのです。
弓雁が『恋のミクル伝説』歌おうとしてたのには笑わせてもらいました。
弓雁ちゃん中学生なのにオタレベル高いよ!
 というかこの漫画は、一種作者萌えなところがありますよね……。



新吼えろペン 7巻(島本和彦)

 24話(キックミーの話)、声を上げて笑った。
炎尾はともかく、キックミーのそういう話はありそうで笑うに笑えないのが笑える。
オチは、単にキックミーがM入ってるだけだからだと思うよw
星新編集長は……強く生きてください(某シスター風に)



くじびきアンバランス 1巻(木尾士目・小梅けいと)

 小梅けいと作画ってことで、持ってるだけで軽い背徳感を覚えるのですが!www
『花粉少女注意報』は"昨年秋葉原で最も売れた18禁コミック"と銘打って東苗穂のヴィレッジヴァンガードに平積みされてましたね(実際最も売れたのかは不明ですが)
小梅先生のくじアンの作画はなんとなくクガピーのそれに近い気がします。
 会長スキーの私としては、会長の出番が少ない事は声を大にして訴えなければならない事でしょうw
2巻以降では増えるといいな……原作者が副会長に傾倒しているのが激しく不安だ(笑)
(ちなみに1期の方の小説では著者が小牧に傾倒(爆笑))
あと、こっち側のくじアンはほとんどアニメも小説も目を通してないのですが、リサ・ハンビーってきょぬー設定でしたっけ?
 木尾先生のおまけ漫画『くじびきげんしけん』は、もともと入ってると思わなかっただけに嬉しかった。
てか斑目wwww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/205-09403068

クロノトリガー

クロノトリガー『クロノ・トリガー』 (''Chrono Trigger'') は、1995年3月11日に、スクウェア (ゲーム会社)|スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売された日本のスーパーファミコン用ゲームソフトで、コンピュータゲームのジャンル|ジャンルはコ

  • [2007/06/27 08:57]
  • URL |
  • れいの部屋 |
  • TOP ▲

美鳥の日々『美鳥の日々』(みどりのひび)は、井上和郎作の漫画作品及びこれを原作とするテレビアニメ番組の名称である。原作のモデルとなったのは、神奈川県藤沢市の近辺だという説がある。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- A

  • [2007/07/29 18:16]
  • URL |
  • このマンガが読みたい! |
  • TOP ▲