それは幻でした 

 私達男は通勤電車にはバンザイして乗らなければならないし、階段を上るときは出口を見上げてはいけません。
地下道から地上に出る直前、晴れ渡る空を見上げようと顔を上げた私の目に飛び込んできたのは、ぱんつでした。
女子高生のスカート、短い!>_<;
今週のToLoveるほどではありません。

 ジャンプでペンギンともて王が終わりました。
代わりにバレーボール使いとか勇者学とかが入ってきました。
ジャンプはどこへ向かっているんだろうか。
P2がどこまで踏ん張れるかが楽しみ。

 富士通が手のひらサイズのノートパソコンを6月に発売するそうです。
あーたんが欲しがりそうだと思った。

 今週の週刊新潮の広告で面白かった見出し。
>若い女性が「ホモ漫画」に群がる「スーパーコミックシティ」
あんまりだ(^^;)
コミケに10万人の宮崎勤がいるとか平気で言えるわけです。
あれはテレビ局だったけども。

 今日も今日とて研修中。
少しずつ実際の仕事に近づいてきてはいますが、明日仕事をやってみろと言われても絶対無理、ぐらいのレベルです。
毎日が新鮮で楽しいです。
前よりはできるようになった、そう思った直後にやっぱり全然できてない事を認識する、その繰り返しです。
まさに、3歩進んで2歩下がるの精神。
明日はもっと進んでいられればいいな、と前向きな気持ちでいられるあたり、自分は幸せ者だと思います。



なんとなく、クリスタル / 田中 康夫

 前長野県知事の人が昔書いた面白い小説です。
どう面白いかというと、(あまりにも有名ですが)150ページの小説に442の注釈が付いていたのがとにかく斬新。
私は1981年に出たものを買いましたが、文庫版ではもっと増えてるかも。
注釈一つとっても、カタカナを英語に直しただけのものから、意味の説明を超えて作中の解説にまで踏み込んでいるものまで多種多様。
こういうのを、ネタ化社会というのかも。
先駆けすぎです。
作中で描かれる『普通の生活』も、若干時代に先駆けていた気がします。
(著者出身の)上智大学、物凄い場所にあるからなぁ……。
 実際のところ、あの田中康夫がこの小説を書いていたんだと思うとかなりヒキます。
だがそれがいいのです。
 ついでに言えば、私の中で作品のイメージはに近いです。



ふたりエッチ 34 (34) / 克 亜樹

 今週これぐらいしか漫画読んでない('A`)
疲れてるときはこういうユルい漫画しか読めないのですが、社会人になって以来、ユルい漫画ばかり消費されてる気がします。
色々買ってはいるのですがね……。
とりあえず真の初恋の相手似の新入社員と何かあるかもしれない。
何もないだろうけど。
 で、この漫画が子育て漫画になるのはいつなんですかね?(ねーよ)
中学生あたりがおそらくメイン読者なのだから、その辺きっちりやっておいた方がいいと思うんだけどなぁ(^^;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/208-1da4c2f4