嘘をついたわけじゃないんだ 

 寝る前にネギま!を読もうと思い、マガジンを開くと、そこは休載でした
昔の自分では考えられん(笑)
全然関係ないけど、ライブドアのニュースに何故かかのんさん(あーたんの嫁さん)のインタビューが載っててビビった。
まぁ、冷静に漫画家以外で漫画家の妻で有名になる人なんて、そういないよなぁと考えると、レアケースなのか。
立派だなぁ。

 今日、ボーナスが出ました。
これでマッサージチェア購入の野望に一歩近付いたかもしれない。

 今朝は眠いながらも普通に起きれて、マックで2時間ぐらいだべってから出社。
や、家にいると寝そうだから……。
午前中は何やったか全然覚えてません(笑)
あー…午後も何やったか全然覚えてないな。
覚えてるのは、昼休み中に読んだ本が面白かった事ぐらいです。
読み終わったらきっと感想を書くでしょう。

 今日は金曜日だったので、仕事終了後は自然発生的に職場で酒盛りが始まるのですが、仕事終了直前、別の部署の同期からメールが来て、(別の)同期の誕生会ついでに飲むかという事だったので、自分はそっちに出ますと職場の人に言って会社を辞しました。
それで、どこでやるのだろうと冷静にメールを読み直してみると、実は誕生日飲みは明日だったというオチ
会社に戻るに戻れず、行き場もなく、夜の街を彷徨う赤平駿だったのでした。

 さぁて、明日も仕事だ。
冗談抜きで起きれるか不安だ(^^;)



アイシールド21 26 (26) (ジャンプコミックス) アイシールド21 26 (26) (ジャンプコミックス)
稲垣 理一郎 (2007/09/04)
集英社

この商品の詳細を見る

 モン太と本庄の関係は男惚れする。
や、BLとかじゃなくね。
 それぞれ特化した能力で戦ってる泥門の存在はどう考えたってファンタジーだけど、その、ファンタジーが「現実的に強い」様に見えるチームに勝っていくのを見るのは、とても原初的な漫画の楽しみ方ができていいと思います。
だから私はこの漫画が好きなのです。
 ヒル魔と高見(とモン太)の「…って、言うと思ったか」の掛け合いはくどかったけど、印象的な場面でした。
こういうのが、いいんだよなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/224-c4897241