またまたFF10をはじめました 

 かれこれもう5回目ぐらいのプレイかもしれん。
いずれも「すべてを超えし者」は倒してません。
そのたび飽きて、そのたびやり直して、かれこれ5,6年経ってます。
気が付けばFF5並みにやってる気がしてきた。
この周期で考えれば、次に大ハマりするのはFF15かな。
いつ出るのか知らんけど。

 日曜日に旭山動物園に行ってきました。
北海道在住なのに行ったのは初めてだったりして。
休日だったので混んではいましたが、聞いていたほどではありませんでした。
考えてみれば、動物園に行くこと自体かれこれ10年ぶりぐらいな気がします。
旭山は、10年前に見た動物園そのままの部分と、ディスプレイに気を配った最先端の部分が2:8ぐらいで混在していました。
8の部分が沢山の人で賑わっていたのとは対照的に、私が印象に残っているのは人の導線から外れた2の部分。
予算が出ないとかでまだ手付かずなのでしょう。
あの日陰の部分に人の波ができる日は来るのでしょうかね。

 帰りは久々に車の運転をしました。
日本一長い直線道路(約29キロ)があまりに単調で、居眠り寸前でした。
危なかった。
やはり私には車の運転は向かないな。

 この前、「絶滅危惧種のヤシガニを捕獲した」というニュースを耳にしました。
そこで最初に思い浮かんだのが「ロストユニバース」第4話だったんですが、別に少数派ではないですよね。
だって、ググってもそっちが先に出るし。
そもそも(生物の)ヤシガニがどんななのか知らん(笑)
ま、ゆとり世代なんてそんなもんです。

 それでは、らきすた最終話でも見てきますか。
明日は早起きせねばならんのだけどなぁ。



官僚とメディア 官僚とメディア
魚住 昭 (2007/04)
角川書店

この商品の詳細を見る

 以前、「昼休みに読んで面白かった」のがこの本。
この前逝った瀬島龍三に関する著作もある人だとか。
そっちも今度読んでみたい。
 ざっくりと内容ですが、今のマスメディアは客観的報道の名の下に権力の発信した情報をそのまま垂れ流しているだけなのではないか、そして、そのことの罪悪をまったく理解してない、というよりも、それが世間のためだとでも思っているのではないかい、ということを訴えていました。
そういった主張なら似たようなものはいくらでもあるのですが、抽象的で小難しい理論でなく、近年の具体例から現場の視点で説明してくれたのが、とてもわかりやすくて良いです。
こういう現実は、沢山の人が知るべきことだと思うのですが……誰もが忙しくてそんな暇がないというのが、この社会のビョーキですよね、ほんと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/225-588e4c3c