スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマ企画は定価が高い 

 いよいよ水曜日です。
東京行きです。
あまりにも休みとりすぎて、「来週から休み週一な」って笑顔で言われたけど気にしません。
ランランルーな気分です。

 どうでもいい話なんですが、「パパは何でも知っている」と、「オタは何でも知っている」の「何でも」って、違うと思うんですよ。
個人的には、より厳密な意味での「何でも知ってる」状態に近づきたいのですが、そんなことは当然無理で、おそらくウチのハードディスクの方が私よりきっと何でも知ってます。
そう考えてみると、自分の人生の目標って、あまりにも小さいですよね。
あえて出典は明記しませんが、何かの漫画で「一番じゃない人がそれをすることに意味はないと思うか?」みたいな問いかけがあって、どこかで「ないよなぁ」なんて考えてしまう自分がいるのですが、一番になるためには、しなければならないわけで。
果てしなく遠い男坂を登り続けなければならないわけですよ。
人生って、辛いなぁ。

 実写さよ話見ました。
胸チラが気になってオジサンたまりません(帰ってください)
朝さよフラグが立ったように感じないのはちょっと不満かな。
ハカセと真名は頑張ってたと思います。
のどかをもうちょっとプッシュしてもいいと思うんだけど……。
あと、アスナに愛着わいてきました。



スポーツニュースは恐い―刷り込まれる〈日本人〉 (生活人新書 232) スポーツニュースは恐い―刷り込まれる〈日本人〉 (生活人新書 232)
森田 浩之 (2007/09)
日本放送出版協会

この商品の詳細を見る

 スポーツニュースが日本人を日本人たらしめてるんだよ!!
な・・・・なんだってー!!ΩΩΩ
みたいな本。
普通のニュースよりも視聴率が高いスポーツニュース(報道)は、報じる側の自覚もないうちに、日本人のステレオタイプを登場人物に投影しようとしてしまいがちである、と。
スポーツがナショナリズムを煽る、みたいな主張とはちょっと毛色が違って面白かった。
ちょっと言いすぎなところもあると思いますけどね。
ただ、新聞やテレビが登場したことで、「日本人」が出現したのは、間違いないと思うんですよ。
それまでは、~県人だとか、~村人とか、そういうのだったのが。
 これを読めば、オシムがどうしてインタビューであんな皮肉な受け応えに終始しているのかもよくわかるというものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/246-b49f2f0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。