1日中仕事してる気分 

 朝日新聞のグラフィック部(?)がクラナドウィルスの解説でさりげなくこなたらしきシルエットを潜り込ませていたのに噴いた。
や、普通に杏だったのかもしれないが。

 先週は5日間連続で午後6時出社午前2時退社が続いて、メンタル面でちょっと危険な感じでした(笑)
まぁ、お金をもらっていうのは、そういうことなんだな、と。
向こう35年ぐらいは、趣味と仕事のバランスについて悩み続けることになりそうです。
周囲の傾向を見る限り、10年もすれば仕事に注力するしかないんだと悟りを開けているようですが、果たして…。

 3月末ぐらいに、ひょっとしたらまた東京に行くかもしれません。
ゼミの教授の海外送別会みたいなのがあるらしい。
それにかこつけて、アキバ巡回とかできれば、とか、妄想を広げてます。

 今年の7月には地方に転勤になるかな、とおぼろげに想像してましたが、どうやらもう少し長く札幌にいることになりそう。
良いことなんだか、悪いことなんだか。



エム×ゼロ 7 (7) (ジャンプコミックス)エム×ゼロ 7 (7) (ジャンプコミックス)
(2008/01/04)
叶 恭弘

商品詳細を見る

 連載漫画への作者のやる気のなさには定評がありますが(笑)、これがなかなかどうして面白いところが、ヒットの糸口をつかむのが難しい作家陣に対して殺意を芽生えさせているのではないかと勘繰ってしまう今日この頃。
この巻のヒットは、「なんというプリティフェイス」かな。
道産子作家ということもあり、応援してます。
本作は打ち切られるまで続けてくださいw


To LOVEる-とらぶる 7 (7) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 7 (7) (ジャンプコミックス)
(2008/01/04)
矢吹 健太朗、長谷見 沙貴 他

商品詳細を見る

 エムゼロと本作がきれいに棲み分けられているが故に、初恋限定。の立ち位置はちょっと難しい場所にあると思います。
紙面カラーからして、こういう作品が一番生き残りにくい雑誌のはずなのに、なぜか層が厚いという不思議な雑誌ジャンプ。
で、とらぶるは何巻になっても、相変わらずちゃんととらぶるやってます。
それは間違いなく才能なんだな、と実感してます。


小説げんしけん―拝入蘭人の野望 (KCノベルス)小説げんしけん―拝入蘭人の野望 (KCノベルス)
(2008/01)
木尾 士目、飯田 和敏 他

商品詳細を見る

 クッチーは在籍してるのにオギチンはおらず、会長が斑目の頃の話。
それはいつのことなんだ!(笑)
主人公は斑目です。
そういう点で、原作よりも『げんしけん』らしいとはいえますが、原作とは基本的に別物と考えた方が吉。
読了して思ったのは「こういう物を掴むことも、ある」


松田聖子と中森明菜 (幻冬舎新書 な 1-2)松田聖子と中森明菜 (幻冬舎新書 な 1-2)
(2007/11)
中川 右介

商品詳細を見る

 オビに書いてあるのは、「あなたはどっちが好きだった?」
中森明菜かなぁ。
とはいっても、二人の全盛期、私は生まれてないわけですが。
前史としての山口百恵がいて、カウンターとして松田聖子が出てきて、そのカウンターで中森明菜が出てきて…みたいな流れが面白かった。
タイトルでは並列で書かれてますが、記述量は松田聖子7の中森明菜3って感じです。
大学時代、アイドル工学の教授の講義を受けてましたが、その話が補強されました。
講義はおニャンコがメインでしたが、ああ、この本に書いてあったような基礎があって、講義内容につながっているんだなぁ、と。
 ちなみに私は『あなたに逢いたくて』をソラでフルコーラス歌えます。
人生において、何の役にも立ってません(爆笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/257-4d91b521