るーみっくとあーたん 

 ネギの新技のアレ、どっかで見たことがあると思ったら獅子咆哮弾かー。
モヤモヤしてたのが晴れました。

 そのついでにちょっと話をすると、私の赤松先生に寄せている期待は、80年代後半(まで)のファンが高橋留美子先生に寄せていた期待と同じだと思うんです。
あの頃のファンは、らんまを経て犬夜叉に高橋先生が向かっていったのはショックが大きかったのではないかな、なんて想像しているのですが、実際はどうなのか知りません。
私はあくまで遅れてきたオタクなので。
私みたいなのが10年ぐらい経って「ラブひな2」を連載しろー、とか、講談社に電話してたらすごくイヤだな(笑)

 仕事はやはりいくらやっても慣れません。
そりゃ、30年以上い続ける(予定の)ところに、1年も経たずに慣れてしまったら張り合いもないでしょうが、それでもこの悶々とした感じはあまり心地よいものでもなく、ましてや打たれ弱い自分がとても心配(ぉ)
それでも、自分が考えているよりは図太い人間みたいなので、何とかやっていきたいと思います。
先が長すぎるぞー。



ペンギン娘 3 (3) (少年チャンピオン・コミックス)ペンギン娘 3 (3) (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/02/08)
高橋 てつや

商品詳細を見る

 このスカートの短さは犯罪だな、とか考え出す歳になってしまったらしい自分にショック!
チャンピオンで追い始めて早々にRED移籍ということで、なんだかなーと思ってます。
だって、よりによってチャンピオン連載作品で買ってたのこれだけだったんですよw
でもチャンピオン読むのはやめません、読み応え結構あるので。
本編の内容に関しては…言うまい。


金剛番長 1 (1) (少年サンデーコミックス)金剛番長 1 (1) (少年サンデーコミックス)
(2008/02/18)
鈴木 央

商品詳細を見る

 これは流行りますよ。
「番長」という化石ワードの存在自体をギャグにしながら、本編では生真面目に熱血バトルを繰り広げるという、恐ろしくトリッキーな作品です。
ちょっとでもサジ加減を間違えたら、ただの時代錯誤だったり、できの悪いコメディになったりするところを、上手に描いています。
本誌での評判も悪くないみたいで、今後が楽しみ。


さよなら絶望先生 第12集 (12) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第12集 (12) (少年マガジンコミックス)
(2008/02/15)
久米田 康治

商品詳細を見る

 「二期が怖い」ネタは、本誌で追ってないと興奮できないよなー(^^;)
あれは良いネタバレでした(もともとバレバレだった説もありますが)
あと、『きよ彦の夜』が気になって仕方ないw


ベイビーステップ 1 (1) (少年マガジンコミックス)ベイビーステップ 1 (1) (少年マガジンコミックス)
(2008/02/15)
勝木 光

商品詳細を見る

 最近の新連載の中では佳作だと思います。
少年誌はこういう作品を長く連載してほしい。
主人公が努力して上手くなっていくのを見られるのが良いです。
でもなんか本誌できな臭くなってきてて困る(^^;)
鷹崎さんはこのところ影薄いなぁ。


MAJOR 66 (66) (少年サンデーコミックス)MAJOR 66 (66) (少年サンデーコミックス)
(2008/02/18)
満田 拓也

商品詳細を見る

 ゴローがイップスになる流れって、本誌で追っててもよくわからなかったのですが、単行本で改めて読んでみると…やっぱりよくわからん(^^;)
や、どこからそうなったのか、はわかるのですが、どうしてそうなるのか、がはっきりしません。
きっと後でのお楽しみなので、それまで取っておきます。


エンジェル・ハート 25 (25) (BUNCH COMICS)エンジェル・ハート 25 (25) (BUNCH COMICS)
(2008/02/09)
北条 司

商品詳細を見る

 装丁のイメージがちょっと変わりました。
1巻丸々、海坊主のちょっといい話。
これはこれで、かなり面白かったりします。
ただずっとそれだと飽きるので、巻末あたりではエピソードの締めに向かって動き始めましたが。
こんなに長いエピソードも久しぶりじゃないかなぁ。
と、よく覚えてないけど言ってみる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/265-58ee84e8