休み終了 

 雨にかまけてほとんど外出せずに2日間の休みが終わってしまった件。

 28巻の発売を目前に控え、ネギま!27巻を読みました。
いやー、ネギとラカンの決勝戦、普通に面白いですよね。
ラカンはともかく、ネギが何をやってるのかイマイチよくわかってないのですが、お約束を踏まえた熱い展開で。
しかしここまでやると、もう学園に戻って普通の先生をやることって、できないんだろうなぁ(遠い目)
こういう展開でなければ、ここまでの支持を得ることもなかっただろう。とはいえ……(再び遠い目)
31人のヒロインの枠にとらわれなかったのが、あーたんの凄いところなんだろうなと、今のところ考えてます。


ジャーナリズム崩壊(幻冬舎新書、上杉隆)
 知ってる人は知っている、知らない人は覚えてね、という感じの、日本の記者クラブの実態。
海外メディアやフリージャーナリストなどにも記者クラブを開放するべきという主旨です。
それはそうとして、あとがきにある、

「特ダネを飛ばせば、その後には、部内の嫉妬やら、2倍3倍もの足の引っ張り合いが待っています。それでいてどんなにがんばっても社内の評価は変わらず、しかもそうやって、マイナスなことばかりが起これば、立場も悪くなります。だから、書いても書かなくても一緒、という気持ちになってくるのは当然ですし、むしろ書かないほうがラクということになります。それにそのほうが余計な軋轢を生まなくても済みます。なにしろ生活も安定しています。記者といえどもしょせんは会社員なのです。冒険する必要はまったくありません」(朝日新聞記者)


が重い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/287-c33c7acc