第14話「グローバル・レポート」 

★★★

 これまでの総集編。
グローバル艦長視点の回想なので、ボドルザーとの対話場面以外は輝らパイロットが目立たず、すっきりしたまとめ方になってました。
重力制御装置やフォールド装置の異常がブービートラップの主砲発射の影響で引き起こされたとか、納得できないこともない説明が加えられているのも○。
つまり、監察軍にとっては、本来だったらブービートラップで主砲発射した時点で、マクロスはただの鉄屑になる予定だったわけだ。
監察軍もゼントラーディ同様に修理する文化がないのだから。
トランスフォーメーションも2回目以降は居住地に影響がなるべく出ないように改善されたとか、細かいフォローも入ってて、そこそこ為になる総集編でした。

 ま、何だかんだでスケジュール巻き戻しのためだってことはわかるんだけどもね。
主人公以外の視点で語るのが総集編の基本だということを再認識しました。

超時空要塞マクロス Vol.4 [DVD]超時空要塞マクロス Vol.4 [DVD]
(2001/09/25)
長谷有洋飯島真理

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/303-22f58a91