第25話「バージン・ロード」 

★★★★

 3度もミリアを打ち破ったマックスが「きれいだ」とこぼした当のミリアが作画難で以下略な件について。
ただ全体的には、びっくりするぐらいサクッと話が進んでいって楽しい。
マックスの天才性を担保するものは何なのかとここ何日か考えを巡らせているのですが、天才は天才だからしょうがないというあたりに落ち着きそうです。

 で、そのまま盛大な結婚式になだれ込んで、マクロス型のケーキに入刀したり、艦長が大事な演説してるのを地球ではあっさりスルーされたり、ミンメイが「ランナー」の結婚式バージョン(2番?)歌ったり、見どころが多い。
絵が残念だけども。

 ミリアが同胞を殺すには忍びないとリガードの足の付け根を狙って行動不能にする方法を示唆。
マックスがあっさりやってのけるのはともかくとして、輝も普通にできてるのが何か笑える。
リガードはホントにボール並みだな!

 一方、ミンメイ人形を握りしめ、出撃を拒否し始めるゼントラーディ兵たち。
ここまでの積み上げがあるとはいえ、あっさり停戦を認めるブリタイにびっくりした。
バトロイドとも生身で渡り合えるのに、不毛な戦いは行わないブリタイの器の大きさに惚れ惚れする。
エキセドルもいい味出してるよなぁ。

 とんとん拍子に二人が結婚することになる一方、いつの間にか輝は未沙の事を気にかける子に。
輝は戦場では結果を出すけども、カムジンやミリアと直接渡り合うことはない不思議なポジションの主人公だなぁ。
彼の戦うべきはミンメイと未沙、ということか……。

 ワレラロリーコンダさんは、何となくブリッジ3人娘といい感じに。
何ともコメントしがたい組み合わせです。

超時空要塞マクロス Vol.7 [DVD]超時空要塞マクロス Vol.7 [DVD]
(2001/12/21)
長谷有洋飯島真理

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

マクロス7のマックス(50歳)が以上に若々しい外見なのを

マックスの若々しいデザインについて、美樹本さんは、「老けるというのは凡人の発想、彼は天才だから」
で済ましたくらいですからね

天才性を担保するもの…と考えること自体が凡人の発想なのかも(笑)
そう彼は天才だから

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/315-9ad4f9cf