月の光は、愛のメッセージ。 

 タイトルから見てわかるように(わかんねーよ)、今日はセーラームーンの事でも書こうかな、と思ってます。
 
 
 とはいえ、実は漫画持ってません(爆)。それでも、3回ぐらいは通して読んだ事があります。けど、それは別にどうでもいいです。アニメやってるしね。現在、「キッズステーション」でRがやってるのですが、いいね、ブラックレディ。元がちびうさだなんて事を忘れさせてくれるくらいいいっす。私なら、彼女にやられるのなら本望です(アホ)。冗談(?)はそれぐらいにしておいて、ひとつのストーリーで、5作通算で200話っていうのは、アニメでは最長の部類に入るのではないでしょうか?それだけ、エネルギーがあったってことですよね。そしてさらに、まだ続編あってもおかしくないし。あの作品が、一時代を築いた理由って、一体なんだったのでしょうか?当時、10歳にも満ちてないぐらいだから、全然覚えていないんですけど、女の子が必死で戦って、傷つけられるの(しかも制服コスプレ)が、世の男の子にはたまらなかったのでしょうか?女の子の読者にしてみれば、少女漫画の王道の、主人公はお姫様で、恋人は美形で頭脳明晰(水野亜美とどっちが頭いいんだろう?)で王様だし、さらに、ちびっこは、悪役を倒した時に得られるカタルシスというか何と言うか、そういうところもおさえていて、全てが調和して、凄まじい人気になったのでしょうね、きっと。私の妹は、3歳の時に映画を見て泣いたそうです(私も一緒に見ました、泣かなかったけど^^;)。まあ、そういう作品だったのでしょう。印象的なのは、第一回の人気投票一位の獲得票数(誰だったかは忘れました)。180000票って何ですか?すごすぎです。当時の(特に「おおきなおとこのこ」達の)熱狂ぶりを物語ってますよね。これに味をしめた『なかよし』の編集部は、似たような漫画を送り出していく事になります(カードキャプターさくら)。それで、ついに直球ストレートの「東京ミュウミュウ」に打って出たわけです。そういうわけで、現在に至ってます。アニメ『東京ミュウミュウ』は、土曜日の朝8時(『満月をさがして』のあと)、テレビ東京系で絶賛放送中にゃん(←わいはアホや・・・)。私は見てませんけどね(爆)。
 
 
 また字数のせいで中途半端に・・・(^^;
 
 
 本日の勉強時間・・・7時間(明日でテストも終わり・・・)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/32-1596564b