第32話「ブロークン・ハート」 

★★★

 ミンメイ「あなたはどこまでいっても口だけなのね」。
この一言が脳内にこびりつきまくって面白すぎる。
ミンメイもよくカイフンについていってるよなぁ。

 今回、例によってスタープロの原動画なのですが、人物に美樹本絵とは違う妙な味が醸し出されていて、全然良作画でないのに目を引いた。
戦闘は……ちょっとひどい。
が、マクロスなので。

 カムジンは何度も書いてるけども愛すべきキャラクター。
この作品を毎回引っ張ってるのも彼だし、好きな人結構多いんじゃないかな。
いつの間にかラプラミズとラブラブだし。
それ見て逆にデカルチャ状態になったカイフンは面白かったし。
ところで、マイクローン化装置はどこに行ったんだろうか。
もう小さいゼントランを元に戻したから、カムジンには必要ないものだし、放棄したかな?

 輝とミンメイが抱き合いに行くまでのシーンの出来が微妙すぎるのに笑った。
そこはもうちょっと頑張ろうよ!
未沙の止め方も凄まじかったけど。
少しずつ泥沼になってまいりました。
しかし面白くなってきたところで、次回はフォッカーとクローディアの過去話?
テンポが心配です。

 未沙の最後のはちきれんばかりの笑顔(?)の意図がよくわからない。
きっと笑ってるわけじゃないんだろうな、あれは。
今回は、ネタ的に楽しめました。

超時空要塞マクロス Vol.8 [DVD]超時空要塞マクロス Vol.8 [DVD]
(2002/01/25)
長谷有洋飯島真理

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

デストロイドのモンスターで西部劇の真似して馬みたいに踵でけって合図するあたり
カムジンも、地球のアウトロー文化にひたってますね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/324-d5345b4d