スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第35話「ロマネスク」 

★★★★★

 最終回を前に一気にテンションを上げてきました。
作画が気合入ってたなぁ。
やっぱり絵は重要だ。

 落ちぶれた感じのミンメイがすごくイイ!(笑)
何かこう……背徳感に訴えるものがあるよね。
これも、万人には好かれないだろうキャラ造形があってこそだろうなぁ。

 輝に軍に入ることを薦めながら、存在が大きくなるにつれて「軍をやめて」と懇願するミンメイ。
何とも分かりやすいというか、自分に正直な人だ。
あれだけ未沙とフラグを立てておきながら、ラス前でここまでミンメイが巻き返したのにはビックリした。
輝が優柔不断なのもあるだろうけど、何だかんだ未沙とも2年間かけて何もないわけだし、ぎりぎりアリなのではないでしょうか(そうか?)

 未沙は未沙で怖い女ぶりを発揮。
ドアのカギ云々で間接的に輝に心情を伝えるのが強烈。
あの後で輝はよくミンメイとデカルチャできたな……。

 場面は前後するけども、雨が夜更けすぎに雪に変わるようなクリスマスイブの夜にランニングシャツで寝る輝と、上だけしかパジャマ着てないミンメイはどうなんだ。
ヒワイです!とか突っ込みたいのは置いておいて、明らかに風邪ひきそうな気がする。
きっと未沙はそこまでしっかり見ててあんな嘘をついたんだなw

 カムジン一家が修理技能を手に入れて、材料調達に工場襲って戦闘に。
「搦め手は使えない」と予想したエキセドルの上を行って、鮮やかに退却していったカムジンに惚れた。
戦闘シーンは作画頑張ってたなぁ。
変態的なミサイル弾道とかはなかったけども、伝統的な表現法をうまく使ってました。
この頃メーンスタッフはもう映画の方に取り掛かってたみたいですし。
ミリアとラプラミズの直接対決も見られたのもよかった。
技量はミリアの方が上なんだろうけども、感情的に微妙に倒しきれない感じが出てました。

 予告は短時間で簡潔。
あと1話で、どう落とし前をつけるのか。

超時空要塞マクロス Vol.9 [DVD]超時空要塞マクロス Vol.9 [DVD]
(2002/02/25)
長谷有洋飯島真理

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/328-6bfc9d69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。