最終話「やさしさサヨナラ」 

★★★★

 ついに最終回。
一気に畳みかけて、やりたいことやって、そして、寂しさが残った。
「終わった」感は、かなり味わえました。

 展開は大きく分けて、三角関係の清算と戦後処理の2つ。
どっちも、単体の話としては上手くまとめてると思うんだけども、どうしてこうなってしまったのか、この結末しかなかったのか、どちらの展開にも、不満とは形容できないモヤモヤが残った。
作画は、序盤ちょっと怪しかったけど、おおむね普通でした。

 三角関係に決着がつき、輝は未沙とくっつくことに。
未沙が輝に別れを告げる場面を、「愛は流れる」で輝がミンメイに思いを伝えた場面と意図的に被らせた演出は面白かった。
輝も未沙も恋愛に関して同じようなスタンスだったから、ここまでくっつけなかったんだな、という点がよく伝わってきました。
ミンメイもよく粘ったけど、場面の緊急性で、輝が彼女を「振り切れた」のが上手いと言うべきかご都合主義と言うべきか、かわいそうと言うべきか……。
三角関係を扱う以上、決着をつければ誰かが泣きを見るとはいえ、ミンメイのその先は描かれてもよかったと思う。

 ……と思っていましたが、エンディングは飯島真理の「ランナー」。
サビで彼女独特の高音が響いた場面では特に、ラストのミンメイの雰囲気をまとったまま歌ったように感じられ、胸が締め付けられた。
この演出は、あのラストがあってこそ生きてます。
その上で、彼女の救済は「愛・おぼえていますか」で、ある程度試みられるけれども、あっちはあっちで……。

 あれだけフォッカーが軍人になったのを嫌がってた輝が、最終回で自らが軍人を続ける道を選んだのは、話の趣旨としては当然そうなるだろうけども、現実にも通じる話で考えさせられた。
前回の輝のセリフ「みんな毎日、いろんなものをポロポロ落としながら生活してるんだ」が、重いな。

 戦闘パートのクライマックスは、カムジン一家の特攻で幕。
カムジンが良い男すぎて、エピソードそのものは綺麗にまとまっています。
「あとで文化しようぜ」は名ゼリフ。
ただ、ストンと落ちないのは、グローバル艦長が語った、宇宙移民の動機、つまり、今後も異星人の侵略が予想される、というのに絡めて「戦後編」をやれば、カムジンが悪者にされることもなかったのに、というモヤモヤ感があるからです。
たしかにゼントランの武装蜂起はあるだろうけども、それを主にして締めのエピソードにするのは、ちょっと弱いと思う。
ワンパターンだとしても、監察軍登場させて、ブリタイたちと手を結びながら撃退、という方が、最終回後には上手くつながるんじゃないだろうか。
ま、それじゃ1クール延ばした意味がないけど。
あの特攻で未沙が普通に生きてるのには、ちょっとびっくりした。

 ところで、エンディング前、最後のアルバムを閉じる女性の手が誰のものか、議論に決着がついていないそうです。
自分は未沙だと思っていたのですが、違うんだろうか……実際のところ、輝が閉じるのが「正解」だとは思うのだけれども。
全体を通した感想は、別エントリーにします。

超時空要塞マクロス Vol.9 [DVD]超時空要塞マクロス Vol.9 [DVD]
(2002/02/25)
長谷有洋飯島真理

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

たしか延長は最初は、4クールまで延長を予定したのが3クールになったんじゃなかったっけ
だから監察軍をだす予定だったのがなくなったと聞いたけど

流れて着いた、漂流者でしゅ

ハローで ごじゃります
初代マクロスって、第一部で終了なはずが、スッポンさ~と局との 売上と視聴率で 強引に延長戦になってたんでないの?あと 映画へと繋げる時間稼ぎも加算されてだつた様なです
最後の謎の手
歌はミンメイだったけど、手は輝と一緒になった未沙がペラペラとパッたんしたんでは?過去(思い出)を振り替えってたんでは?
夫(輝)も私(未沙)も色々あったわねぇ~とか振り返りながら 彼女(ミンメイ)も元気にしてるかな~?とか思いを馳せながら エンドってな感じで

ネットを漂流してる、ハグレ統合軍兵士の敦賀屋 バボ ですた

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/329-82ada482