スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 

★★★★★

 私が一番好きなアニメ映画です。
初めてこの作品を見たときの衝撃度は、半端ではなかった。
自分が生まれたこの年は、ナウシカ、ビューティフルドリーマーも公開された大当たり年。
それでも、こと作画レベルに関して言えば、群を抜いていたと思います。
ストーリーなんて全然わからなかったのに、絵だけで2時間ひきこまれたんだもんなぁ……。

 アニメ版を通して見た今は、もっと色々なことに気付いて、もっと面白い。
愛・おぼえていますかが流れたクライマックスシーンは、歌ができてからタイミングを合わせて描いたとか聞くと、なんかもう鳥肌が立ちます。
たしかに、ブリタイの演説シーンがあの長い間奏に合わせてかぶせられてるのを見ると、そうなんだろうなぁと思う。

 アニメでは顰蹙ものだった、ミンメイからもらったマフラーを未沙に掛けるシーンも、映画では小道具がハンカチに変わっていたけれども、全く違う効果を生みだしていたのが面白かった。
こういうのを見ると、やっぱりアニメ版は作画以外にも改善の余地がありありだったんだなと感じる。

 あと、ミンメイの小悪魔度が相当高まってました。
演技やビジネスで初めて会った輝にキスできる彼女は本当のプロだなw
でも、一視聴者としてはそれぐらい翻弄してくれた方がうれしい(笑)
後々輝が本能的に未沙を選ぶのもわかる気がするよ。
まぁ、アニメと違って既に輝と未沙の肉体関係ができてたらしいので、輝も覚悟完了してたのもあるだろうけども。
飯島さんの演技にはとても満足。
輝にビンタされた後の「めんね」のアクセントの付け方は感動的なほどに絶妙でした。

 ゼントラン人の「デカルチャ」や「キースー」などのセリフは名言揃いですね。
独自のゼントラン語を作ったのは、ゼビウスで遠藤氏がわざわざゼビ語を作ったりしたのと根が一緒なんだろうなぁ。
カムジンの出番はあまりにも少なすぎて、そして、それで何も支障が出てなくて泣いた。

 マックスとミリアの対決は、アニメの消化不良感を補って余りあるものだったと思う。
マックスみたいなメガネキャラが頭脳だけじゃない天才描写をなされてるのは、明らかに当時のオタクの美意識(?)が表出してるよなぁ、と感じた。
そのせいで輝のパイロットとしての立ち位置はすごく中途半端だ(笑)

 後年のつじつま合わせで、この映画は戦後20年の記念映画ということになってます。
一方、アニメ版も後年作られたドラマ作品みたいな位置付けになっているらしく、そういう味付けはとても好きなのですが、そういった関係性を考えるに、輝って限りなく架空の存在なんじゃないかと思えてきます。
パイロットなのに、肝心な場面に参加してないし、態度が場当たり的に変わるのも、当時の人の色々な部分を寄せ集めたからそうなってるんじゃないかとか妄想します。
挙句の果てに、公式にも2016年には行方不明になってるし。
ま、だから何だと言われてもよくわかりません。

 今、「コミックマーケット創世記」という新書を読んでいるのですが、その本の舞台からわずか7~8年ほどの間に、オタクのメーンストリームが同人からプロに移って行ったダイナミズムに愕然としています。
愛・おぼ監督の河森さんなんて、当時24歳ですよ……。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]
(2007/12/21)
石黒昇河森正治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/336-515de45d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。