第4話「バンパイアソルジャー」 

★★★

 夜が舞台とあって、頑張って影をつけてるけれども、そこはかとなく不安になる作画だ……。
ミレーヌはともかく、他のバンドメンバー3人はそれぞれ何考えて行動してるか全然わかりません。
かといって、ミレーヌに感情移入ができるわけでもなく。
マックスとミリアの夫婦げんかで和んでます。
2人分の茶を飲むマックスに萌える。

 とにかく謎だらけのアニメです。
約50話あって、その謎がどこまで明かされるのか。
明かされない謎も割とあるみたいですね。
最近頭使ったり思考を整理したりする必要があるアニメはあまり見てないです。
考えて書くのは苦手です(ぉ

 バサラ役の林延年&福山芳樹は親和性高いと思います。
予備知識なかったら声も歌も同じ人がやってると思うんじゃないかな。
今更だけども、歌姫が男なのは斬新だな!
福山さんの歌う歌は、男として、歌いたくなる衝動を抑えられません。
声は出ないけど。

 バサラが戦場で好き勝手歌えるのは、マックスら一部の偉い人の思惑があるからだということが、今回ではっきりしました。
まだ、その思惑が何かはわからないですが。
実際戦場に出て修羅場をくぐっている人ほど、歌の力を信じているらしいのが面白い。
今反発してるガムリンも、話が進むと共感するんだろうか。

 映像特典の「マクロス最速発進」が興味深かった。
ラサール石井は多分マクロス知らない(笑)
アシスタントの堀江奈々も強烈だったなぁ。
主に名前が。
あと、少なくとも4話まで見てる限り、ガムリンが「主人公の一人」だとは誰も思わないと思う……。
ミュージッククリップはネタバレの嵐でした。

マクロス7 Vol.1 [DVD]マクロス7 Vol.1 [DVD]
(2001/03/25)
林延年桜井智

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/343-9cb87cd2