明日遅刻必至!! 

 今日は、パソコンと勉強以外に時間を潰す方策があったので、やってみる。とっても楽しく過ごせたが、受験生として、これはいかんだろ、という結論に達する。実際ちょっと中毒気味なんだけど(別に悪いことはしておらんが)、いかに克服するかも重要だよなぁ。ともかく今日は疲れました(1・5倍、当社比)。
 
 
 唐突ですが、アニメの『ちょびっツ』は面白いと思う。流れが割と原作通りなのが何よりも大きいが、それに加えて、次回予告が秀逸だったりします。特に、一ヶ月くらい前の予告はとてもよかったです。たしかこんな内容。
 本須和「たとえばオレが財布を落としたとする。よっぽどのことがない限り、オレが心配するのは財布ではなく、その中身だ。落とされた財布は悲しむ事は無いし、オレも財布自体は気にかけない。でも、もしそれがパソコンだったらどうだろうか?パソコンは悲しんだり不安になったりするのだろうか?オレはパソコンの中の情報でなく、パソコンを心配するのだろうか?」
 セリフ調に書いていますが、おそらく大幅に間違っています。でも、こんなニュアンスでした。わからない人のために書くと『ちょびっツ』の世界では、パソコンが人型で、人間の生活の深くに入り込んでいるという設定があります。ずばりテーマは「パソコンは幸せになれるのか」なのですが、プログラムで動くパソコンに感情があるのか無いのか悩む本須和君をこの回の予告はうまく表しています。私は感動して泣きそうになったぐらいです(マジで)。
 『ちょびっツ』で特別好きなキャラはいません。CLAMPのツボを心得たキャラとか世界とか、そういうものに惹かれました。そういう計算が働くのも編集者としての大事なステータスだと思うので。ただ、めざとい人はさすがに気づきますね。この計算に。知り合いにはストレートすぎて気に入らないと言う人が結構います。ただ、マニアよりも大衆でしょう。そこら辺も計算済み!?
 先日のヤングマガジンでの、大川七瀬(CLAMPの原作担当)と田中理恵(ちぃの声優)の対談の中で、「ちぃの声は、監督と大川さんが女性にも好かれる声+本須和の声との兼ね合い、というコンセプトで一致した人を選んだ。」みたいな事を言っていましたが、私の妹は、どうやらダメらしいです(笑)。どうなんでしょう、この場合。ちなみに私は別に不満無しです。
 
 
 本日の勉強時間・・・2時間(疲労は倍増)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/39-966b0927