親子パーティの安定ぶりについて 

 DSのドラクエ5をやってました。
とことん会話したかったので、人間メインでラスボスまで倒しました。
主人公、ビアンカ、息子、娘、サンチョ、ピピン、ザイル、キラーパンサー、ピエールの8人で、レギュラーは最初の4人。
人間は生身では呪文・ブレス耐性がないので、正直ラスボス戦は厳しい戦いになるのかなと思いきや、全くそんなことはありませんでした。
というか、むしろ楽だった。

 ビアンカがレベル33だった以外は、レベル37くらいでした。
で、そこまでで取れる装備はちゃんと取っておいて、娘に天使のレオタードと水鏡の盾を購入しておけば、装備に付加された耐性でかなり我慢できるようになってるみたいです。
基本、主人公は通常攻撃で、息子は凍てつく波動の直後にフバーハをかける以外は通常攻撃(誰か死んだらザオリク)。
娘は星降る腕輪装備で賢者の石・祝福の杖・バイキルト係で、余裕があればイオナズン。
ビアンカはメラゾーマ・バイキルト・祝福の杖係でした。
相手はルカナンをかけてきますが、防御力は捨てます(となると、もっと効率の良い耐性の付け方があるかも)。

 主なダメージソースは主人公の打撃(バイキルトで150くらい)とビアンカのメラゾーマ(180くらい)で、息子娘は補助に徹する感じにすると、かなり安定しました。
意外な発見だった、という話でした。
ただ、普通にモンスターを使って攻略するよりも、余る装備品が多かったのがもったいない感じ、ではあります。
すごろく場で拾った地獄のサーベルやダークローブががザイルしか装備できないとか……

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/391-957f1b11