モノランモノラン小劇場 

 3月末で引退したNHK教育「おかあさんといっしょ」の人形劇キャラクターの旭川公演(?)に家族で行ってきました。
結構倍率高かったらしいですよ?

 雷神、水神、風神の孫という設定の、「ライゴー」「スイリン」「プゥート」が色々な経験をして一人前になっていく、というのが大まかな内容です。
プゥートの声を当ててるのが、山口勝平さんなんですよね。
あの甲高い声はいつ聴いても慣れないけども、らんま的な意味で私の青春。
人形劇も生で見ると、アクターの動きにキレがあった、気がします。
あと、歌のおねえさんも、あんなに動いて歌って、よく息が切れないなー。

 家ではNHK教育がずっと映っています。
ニュースも含め、他の局の番組を最近まともに見てないです。
今回のモノランモノラン小劇場の応募条件に「NHK受信料を払っていること」というのがありました。
ウチもいつの間にか払ってたみたいです。
劇場終了後には、スタッフのお姉さんが「これからも受信料を払ってください」とPRしてました。
わざわざそんな件で現実に引き戻さなくても……。

 新しい人形劇「ポコポッテイト」では、ムテ吉の声をくまいもとこさんがあててます。
これもまた、CCさくら的な意味で私の青春。
あれ放送してた時……小中学生くらいか?今の自分に連続しているというのが、信じられません。
思えば遠くに来てしまったのか、あの頃から何も変わっていないのか。
父親が、自分が小学生のころ一緒にカラオケ行った時、「マジンガーZ」を歌った気持ちが、痛いほどわかります。
自分も息子と一緒にカラオケ行ったら、「勇者王誕生」とか歌っちゃうんだろうなぁ。

 ちなみに、自分が小さい頃の人形劇キャラクターは「じゃじゃまる」「ぴっころ」「ぽろり」でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/410-d7aab328