♯11 ミッシング・バースデー 

 ランカへのサービスタイムは終わったんだとばかりに、アルトに攻勢をかけるシェリルは畜生かわいい。

 アルトのトリプルブッキングの結論が、結局自分がやりたいことに対して忠実に行動したことに関しては、ラブコメ主人公の鑑といえなくもない。
本物の空を飛びたかったんだものね、アルトは。
飛んで何を思うのか。

 冒頭にも書きましたけど、ランカがアルトに誕生日プレゼント渡すタイミングをわかってて、アルトを1週間フォールドの旅に誘ったシェリルは相当えげつないですよ。
これがランカ派とシェリル派の間に相当な亀裂を生んだことは、想像に難くない。
グレイスさんの計画通りに話が進んでいるというのは、アルトがついてくることも込み、なのかなぁ。
最初SMSに護衛依頼が出ているということは、アルト個人でなく、誰かがいれば十分、ということか。

 しかし、アルトが名代にミシェルを送ったのはどうしたことか。
自分で連絡しろよ‥‥これだからイケメンは、と思った。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/449-06953471