♯20 ダイヤモンド・クレバス 

 ここでか。

 ミシェル死亡。
バルキリー戦闘中じゃないのが切ない。
クランが提示した死亡フラグを、ミシェルが引き取ったような形になりました。
ああいう性格なので、死ぬ時にこそ、気持ちを伝えようと思っていたのかな。
クランが「死ぬのが怖くて恋ができるか!」と言い放って、素っ裸で走り去っていくのは、良い場面のはずなのに笑ってしまった。

 ランカ、心折れる。
総集編で、歌いながらシェリルと張り合っていた人間と同一とはとても思えない。
恐らくシェリルと会うのもその時以来のはずなのにね。
シェリルはビンタで奮起を促したけど、効果薄。
アルトがどうにかしないと、どうにもならない感じだけど、アルトは今、シェリルのことが気にかかっている状態。
男は、一度に複数のことには手の回らないものです。

 穴から出てくるバジュラの大群は、生理的にきつかった。
そもそも、アナタノオトのサビに合わせて孵化するのがエグい。

 ミシェル死亡でかすみがちだけど、ナナセも意識不明に。
初回から登場している割に、立ち位置のよくわからないキャラクターです。
日常サイドの代表者、という認識なので、彼女がやられたということは、それだけフロンティアの危機が増している、という描写なのだととらえることにしています。

 大統領は九死に一生を得たのに、結局レオンに殺されました。
いくらなんでも「天の配剤」と言うのはちょっと‥‥。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/462-e46aa66d