♯21 蒼のエーテル 

 男と女は別の生き物。

 ランカの歌でバジュラをおびき寄せ、フォールド爆弾で一掃する作戦が成功し、フロンティア船団は危機を脱出。
ランカの「ごめんね」が、アルトの掛ける言葉と全くかみ合っていないのが、辛い。
別にそれは、アルトの鈍さが原因ではなくて、ランカが他の人間にはできない、バジュラとの意思疎通ができてしまうからなのですが。
スポットライトを浴びた故の孤独も相俟って自暴自棄になるのも、普通の女の子としては仕方ない。
それを知ってて歌わせるグレイスさんとレオンが鬼なだけです。

 レオンの「僕のターンだ」は、完全に不快感を誘うのに成功していて見事。
追悼式で、オズマの行方不明をランカにわざわざ伝えるのも、悪趣味極まりない。
彼はどこに向かっているのか。
ただの権力欲なのか。

 キャシーは、描く人によって全然違う絵になります。
まさに無印の未沙。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/463-2cd5dc7a