スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♯23 トゥルー・ビギン 

 DVD最終巻で、終わりの始まり。

 言われてみれば示唆されていたけれど、アルトがそれぞれの場の状況に応じて、演じるべき役割を演じ続けてきたことが判明。
残り3話と言うこともあり、色々な種明かしがされましたが、これに一番驚いた。
色んな意味でスペックが高いからこそできることですが、それが周りにはもどかしかったり、罪つくりだったりするのだと。
自分に素直になったアルトの結論が「ランカを殺す」なのは、切ない。
しかしこの期に及んでも、アルトがランカに対してどんな思いを持っているのかがわからない。
アルト自身も、わからないんじゃないか。

 切ないといえば、アルトとシェリルのまま事みたいな生活も。
あの安っぽさが、終盤の矢三郎の指摘を際立たせてる。
前にランカが自暴自棄になっていると書いたけど、境遇上、シェリルの方がよっぽど自暴自棄になってると思った。
それは仕方のないこと。

 ブレラは、ランカのことが妹だとわかった直後に、元の戦闘機械に戻される。
ランカと離れる直前まで、彼女の兄の役割を果たしました。
意地悪い見方をすれば、オズマは妹離れをしたけど、ランカは、オズマからブレラ(もしくはアルト)に乗り換え、兄離れをしないままここまで来たとも言えるのか?
何にせよ、人類とバジュラの共存のカギを一身に握っているのだから、仕方ない。

 次回は戦闘回と思われる。
派手なのを期待。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/465-45f812db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。