げんしけん二代目 

 声は時間が解決してくれた。
いっぱい見たから、ではなくて、長く見てなかったから。
クガピーかっこいい。

 先月、二代目初巻で止まっていた漫画の続きを読んで、アニメも気になっていたのでした。
ストックそんなにないはずなのに、ダイジェスト気味にやってるのには驚いた。
シリーズのヤマ場は、本来的には波戸君のアレだけど、誰もが楽しみにしているのは斑目のアレ、だろうなぁ。
てゆーか、山本和臣が男と女両方やればいいじゃん!
でなきゃ男役に彼を当てる意味がないでしょうに……

 二代目は、初代が男オタクの普遍的な姿を描いたイメージで、女オタクのそれをやろうとしていて、男の自分にとってはそういう作品になっているという認識なのですが、おそらく実際はそうじゃないはず。
男から見た女オタク像を、わかりやすく描いてくれているというか、そんな感じ。
斎藤環的に言えば○○○のついてる戦闘美少女みたいな?よくわかりません。

 結局、初代の頃から感情移入しているのは笹原じゃなくて斑目で、二代目でも波戸君じゃなくて斑目だっていうのは、つまりそういうことなんだろうな。
続きが気になっているのです。
あ、波戸君は笹原と高坂と荻上を足して3で割ったキャラだ!そうか。なんかちょっと理解できてきたかも(適当)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/493-37bfc701