宇宙戦艦ヤマト2199 

 リアルタイムで追えたアニメは本当に久しぶりでした。
やればできるじゃん自分。
旧作は見たことがなかったので、比較的まっさらな状態で見られたのも幸せ。
実は序盤6話くらいは飛び飛びですけどね。
以下、とりあえずネタバレも含む感想なのです。



 異星人国家ガミラス帝国との戦争に敗れた地球は、あと1年で人間が住める惑星としての寿命を迎えようとしていた。
 希望の綱は、遥かイスカンダル星にあると言われるコスモリバースシステムを持ち帰ること。
 地球は建造していた超光速宇宙船のヤマトに望みを託す。
 ガミラスの攻撃をかいくぐりながらイスカンダルを目指すヤマトは、旅路の果てに何を見るのか。


 大体そんな話でした。
昔はコスモクリーナーだった気がするんですけども。
オウム的なあれで名前が変わったのかしら。

 地球側の事情のシンプルさに比べ、ガミラス側の事情が込み入りすぎている上、地球側の物語なので必要以上に描写されることもなく、そっちの方が気になってしまった。
ヤマトが去り、デスラー亡き後のガミラス帝国は一体どうなってしまうんだろうか……。

 デスラーとスターシャの関係性が何とも言えないんですよね。
デスラーの矛盾をはらんだ行動原理がそもそも難解なのに、スターシャの方が何を考えているのか、さらによくわからないという。
傍から見たらデスラーが弄ばれてただけにしか見えないのですが、実際はそうじゃないらしい。
少なくとも今作の描写だけでは何とも。

 戦闘では、常に死中に活を見出すスタイルだったのが印象的。
艦長は一発勝負に強いタイプですわ。
七色星団の戦いは正直何が起こってるのか追いきれなかったけども、スケール感だけ伝わってきたので十分。

 てかヤマト堅すぎィ!
波動砲の威力より波動防壁の性能に面食らった。
波動砲は波動砲で、FF5でオメガが使ってくるアレを思い出しましたわ……。
当時は理不尽を感じたけども、波動砲ならしゃーない。
と言うより、ほとんどタメなしで撃ってくるオメガが悪い。

 話がそれました。
何度も映像化されるのは、「自分ならもっとヤマトの物語をうまく創れる」と考える人(原作者サイドも含めて)が各世代にわたって大量に存在するからなんだろうな。
もちろんファンの下支えは大きいけど、実際にアニメを作れるだけの金を出せる人たちの心をつかんで、それにこたえたいクリエーターが存在しないとこうはなるまい。
アメリカで実写に流れたSF人材がアニメに流れ込んだからこうなったと考えることもできる。
自由度は実写に勝る上、日本なら金もかからないからなぁ……やっぱり三次元って以下略。

 大人向けのアニメとして作られて、続編でもその側面を強化してきたのだと言えるでしょう。
今作は割合全年齢向けに作られた気もするけど、積み上げてきた歴史のせいで敷居は結構高かったです。
改めて、新作映画も作られるそうで。
また沖田艦長復活するのかしら。

 色々書いたりもしましたが、毎週日曜日を楽しみにできたのはこのアニメのおかげなのです。
敬意を表しての感想でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/499-50bf1a47