UQ HOLDER!第37話感想 

 赤松は戦略家。
瀬尾は静かに燃える男。
吉河はオシャレで美人。
勝木はブレない。
寺嶋は根性。
ライクは熱い男。
ちょい森は面白かった。
以下ネタバレです。
上もネタバレと言えば、そうです。






Stage.37「フェイト・アーウェルンクス」

あらすじ

 フェイト捕獲作戦の実行間近、彼の周囲に刀太の親友2人がいることがわかり、作戦変更を余儀なくされた刀太たち。
刀太は2人と久々の再会を果たし旧交を温めるも、フェイトは当然のように会話の中に入り、2人を実質的な人質とした。
フェイトは刀太に、価値ある何者かになるために、自分についてくるよう呼び掛ける。
だが、コンプレックスを刺激され、師を貶され、刀太は怒り心頭に発するのだった。


感想

 肉丸君に田中という立派な名字が付いたのに、三橋君は今回も三橋君か。
大がかりなフェイト攻略作戦が立てられた割に、ビックリするほどあっさりと前提が瓦解して状況がカオスになるのは、漫画ではよくあること。
先がどうなるのか読めなくなりながらも、キリヱと九郎丸がフェイトに触れる勝利条件は一応残されているので、いいんじゃないでしょうか。
刀太はドライな部分もあるけど、基本的に沸点が低い。

 一空が「この場はやり直しで、なかったことになる世界だ」と、一般人巻き込みを容認する姿勢は、ドラゴンボールの悟空たちが「あとでドラゴンボールで復活させればいい」と言っているのと近いものを感じる。
それに対してすぐに、能力の当事者のキリヱが「一般人に手を出さないのはホルダーの方針であり矜持」と明確に否定しているのには救われるけれど、彼女は取り残された世界がどのように扱われるかもわかっていて言っているのではないでしょうか。
序盤からそうだったけれど、カタギには手出ししないって前に別のキャラも言ってたな。
昔から組織にいる人には、しっかり浸透しているようですが、若手には教育が必要ですね。

 九郎丸がフェイトのことを「僕の故郷を救った人物の1人」と評している。
今更ではありますが、九郎丸も魔法世界の住人だったんだっけか。
いや、神鳴流使いだからそんなことはないのか……考えるの保留。
「僕は必ず刀太君を……!」どうするんでしょうか?

 せっかくの親友との再会を、心から喜べない刀太。
出たとこ勝負に任せる適当な先輩方に毒づきながら、上京してきた肉丸や三橋と旧交を温めます。
色々言いながらもしっかり合わせる刀太はすごいと思います。
肉丸も故郷を出て、一つ上のステージへ昇るのでした。

 そして当然のようにフェイトが会話の輪に入る。
何故か肉丸と三橋のことをよく知っていて、「雪姫の愛弟子」とまで評している。
目標の刀太の身辺調査は当然しているだろうけど、2人の上京と合わせて姿を現したのは、フェイトもまた、周囲を巻き込まず穏便に刀太をつれていきたいという意図があるんじゃないかと考えています。
善意にとらえれば、ですが。

 その割に、刀太に対して、何者にもなれないかもしれない自分を恐れていると、あえて2人の前で指摘したり、師の雪姫を貶してみたりと、散々に煽っているのは一体どういうことか。
刀太が雪姫に抱いている感情を見誤っているのは当然あるでしょう。
明らかになってはいませんが、刀太が事の経緯を知れば雪姫を恨むような事情はあるでしょうし、フェイトは自分についてくる以外、選択肢がないと思っていたのか。
しかし刀太は、理屈度外視で喧嘩っ早いのであった。

 フェイトの雪姫評は興味深い。
自分の欲のために人をだます卑しい女。
君(刀太)の祖父もだまされて死んだ。
ネギはエヴァに、何を隠されていたのか、ということだと思いますが、果たして。

 フェイトに対する刀太の買い文句が笑える。
「アンタの態度とやり方と顔と性格が気に喰わねえ」って、個性の全てじゃないか……。
重力刀を手にして臨戦態勢の刀太ですが、ラスト3コマ目に出てくる左手は、夏凜のものかな?
結局ドンパチになるのか。

 雪姫所有の茶々丸砲は、スイッチを持つ一空の左手が何者かに切り落とされ、不発。
その後のリアクションが描かれず通信不能となり、そっち方向でドンパチも起こっていなさそうなので、なにやら特殊な状況に陥っている模様。
やけに周到に対策されているあたり、フェイト側にも、意外なキャラがついているのかもしれません。
混迷の度は深まり、次号へ続きます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/521-4b7b579d