UQ HOLDER!第38話感想 

 あひるの空がフキダシ、セリフ無しだった。
常に何かと戦っている作家である。
ネタバレです。






Stage.38「作戦決行!!」

あらすじ

 刀太とフェイトの交渉は決裂し、夏凜の奇襲で戦端が開かれた。
 人質を解放し、夏凜、刀太の2人がかりでもフェイトには触れられず、一空の衛星砲をもってしても、魔法障壁は突破できなかった。
 しかし、刀太の怒りを乗せた重力剣が、ついに障壁を貫通する。
 タイミングよくキリヱがフェイトに接触し、UQホルダー側の勝利条件は満たされたのだった。

感想

 一般人には一瞬としか感じられないであろう時間での攻防。
最後は刀太たちが勝利条件を満たした形になりますが、キリヱを除けば不死の力を誰も使っていないのが面白い。
まあ、一空が無事なのは、機械のたまものかもしれませんが。
何度も惨憺たる失敗をしたのに、うまくいく時はびっくりするぐらいあっさり成功する、というのは、現実でもよくあることだと考えてました。

 三橋と肉丸を人質にとった状況が、フェイトにかえって油断を生んだ。
前回ラストで、夏凜の現場到着を確認していたと思われる刀太が、フェイトを大声でテロリスト呼ばわり。
これと同時に夏凜が背後から近づき、まずはフェイトの両腕を人質から剥がす。
刀太の叫びを決定的な交渉決裂と判断し、人質の石化に取りかかったフェイトは、わずかに反応が遅れた。

 夏凜の存在に気付いたフェイトは、彼女の特性を無効化するため、空間を歪める転送魔法をかける。
この攻撃方法をキリヱから聞いていたと思われる(あるいは、つい最近月まで飛ばされて懲りた)夏凜は、これを辛くも回避。
そのままの勢いで人質2人を蹴り飛ばし、フェイトから引き離す。
これで、刀太が動けるようになった。

 一空からのSOSを受けた九郎丸は、夏凜襲撃の混乱に乗じてキリヱを連れて動き出す。
一空が刀で刺され、手を踏まれた程度で体が動かず声も出せないのは、本人が言う通り、何らかの術の影響か。
九郎丸が雷撃付きくないを投げて刺客の動きを止め、一空が衛星砲のスイッチを入れる隙ができた。
やはり、茶々丸砲だった。

 フェイトと正対していた刀太の元に、友人2人が蹴り飛ばされてきた。
刀太はこれをダイレクトに左右に蹴り分け「受け身とれ」。
かわせたんじゃないかと思わなくもないが、絵的に笑えるからOK。
衛星砲の照準が絞られる中、夏凜に遅れること数瞬、フェイトに突っ込む。

 刀太、夏凜の物理攻撃を手で軽くいなすフェイトだが、衛星砲の発射により魔法障壁を展開せざるをえなくなる。
ターミナルを覆っていた3層のバリアをあっさり突破した砲撃も、フェイトには届かない。
当然、2人の物理攻撃も届かないが、図らずも障壁が2人を砲撃から守っているのは面白い。
そして砲撃の閃光は、刀太が最初に言った「爆弾を持ってやがる」とリンクし、遠巻きに見ていたカタギの一般人をさらに遠ざけた。

 一空を救った九郎丸はすぐさま反転し、キリヱを伴ってフェイトに向かうが、さらに新手の敵が出現。
九郎丸はとっさの判断でキリヱをフェイト方面に投げた。
何気にキリヱを呼び捨てにしているのが、九郎丸の緊急性を物語る。
虚空瞬動には反応しなかったキリヱですが、「ぎにゃあああ!?」と奇声を上げながら飛んでいった。

 難攻不落と思われた障壁は、刀太の重力剣50万倍で貫通。
単純に考えれば、絞りに絞った衛星砲の威力を上回ったということ。
これでフェイトに触れることができるようになった、という矢先、キリヱがフェイトにこんにちは。
全てがうまくかみ合い、計算されたようなタイミングでした。

 ……このように、各キャラの動きがパズルのようにつながっていました。
普通のバトルとは一線を画していたのが琴線に触れたので、一々書き出してみました。
あと、今回キリヱが登場全コマで口を開いているのが、即死カプセル(仮称)を噛み潰さないためだと気付いた。
色んな自殺方法を持っているキリヱは奥深い存在なのかもしれません。

 作戦が大きな変更を余儀なくされたにもかかわらず、息の合った連係で非戦闘員のキリヱをフェイトに接触させたのは、見事と言うしかない。
MVPは、一空が衛星砲を発射する隙を作り出した上に、キリヱをフェイトにストライク送球した九郎丸ではなかろうか。
最近は影も薄めで、今回も地味だけど、いい仕事してます。
個人的には、キリヱに抱きつかれたフェイトを、機転を利かせた刀太が前から、夏凜が後ろから押しているコマがお気に入りです。

 50万倍で繰り出した5百トン剣。
500トン=50万キログラムなので、重力剣の重さは1キログラムか。
とっさに計算したなら、刀太すごい。
前から温めてたなら、ストレートなネーミングセンスだと思う。

 一緒にセーブポイントに戻るはずだった九郎丸と、一緒に戻りたがっていた一空を置いて、特に意思表示していなかった刀太と夏凜がついていく形になりそう。
作戦通りではなかったという描写を際立たせています。
夏凜はともかく刀太やキリヱは、フェイトとゆっくり話すべきでしょう。
転送先は、アル(ビレオ・イマ)の重力剣が安置されていた地下空洞だし、話題には事欠かないのでは。

 しかし、キリヱの最終ページの喜びぶりが、作戦失敗フラグに見えて仕方ない。
そもそも死ぬ瞬間まで接触状態を保てているのか、とか、死ぬ前に石化されるのではないか、とか、地下に連れて行っても全部破壊されて終わりではないのか、とか。
いずれにせよ、成否は次回になればわかるわけで。
楽しみに待ちます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/522-c4232f58