UQ HOLDER!第80話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・AKB49
・アクマゲーム
・ベイビーステップ
・徒然チルドレン
各作品、佳境を迎えている模様。
以下ネタバレです。











Stage.80「一歩前進」


あらすじ

 眠りと共に再びかつての雪姫(エヴァンジェリン)と会った刀太は、飢えに苦しむ雪姫に大量の血を吸わせる。
打ち解けたのも束の間、刀太は元の空間に戻され、過酷な修行が再開した。
ダーナは既に身体の基礎ができたとして、九郎丸、三太、キリヱをそれぞれ別の修行場に送り込んだ。
残された刀太は不眠不休の地味な修行を命じられ、限界まで追い込まれたところで、三たびうら若き雪姫が現れたのだった。


感想

 エヴァは老けた大人びたのではなくてやつれていたのだった。
ダーナの寝所に刀太がいるのを見て「そういうことか」って、どういうことだと思ったのか。
やつれて倒れるということは、彼女も不眠不休の修行を命じられているのだろうか。
刀太の「頑固すぎだろ」は、自発的に断食してることを示唆しているけど、何をもって頑固なのかはちょっと判然としません。

 料理もしっかりこなす刀太。
エヴァを気遣って柑橘系のドリンクから差し出したものの、無意識のエヴァに思いっきり血を吸われる。
血を吸う相手がいなくて普通の食べ物は受け付けないから、空腹だったのか。
吸血鬼になってるはずの刀太が血を吸いたくならない疑問点が、ここで刀太から提示されました。

 血を吸ってほんのりするエヴァが大変かわいい。
このあたりは前作で彼女が風邪を引いていた場面を彷彿とさせますね。
血は争えないのだ。
まさに、「減るもんじゃない」刀太の血である。

 このときのエヴァ、16歳と判明。
どうあってもエヴァンジェリンとは名乗りたくないのか、本人はあまりそう呼んでほしくないはずの「キティ」を名乗る。
これがツンデレというやつか。
サブタイトルの「一歩前進」は、修行内容と2人の関係性の両方に掛かっていて良いと思います。

 刀太堂々の遅刻で、修行は激しさを増す。
「すまねぇ…すまねぇなキリヱ」がジワジワ来る。
キリヱが一人になることを恐れている、というのは、魔女ならではの卓見か。
不死者なら、彼女の無限ループにも理論上ついていけるから、UQホルダーを居場所にしたのか。

 九郎丸と三太が迷っているとされる「あちら」と「こちら」はちょっと解釈の幅が広い気がする。
「あちら」が人間側で、「こちら」がいわゆる化け物側、ということなのか。
お茶会の体で呼び出しておいて鍛え上げにかかっているのだから、ダーナもなかなか人が悪い。
それも雪姫にとって必要なことだからなのかな。

 刀太は謎空間に引き込まれなかった代わりに、不眠不休でフープとボールを体で回し続けるという超地味な修行を開始。
直前の熱血な掛け合いからの落差が笑いどころである。
この行為が直接、「中途半端な模造品」を脱却するための鍵になる、ということはないと思うが……。
フープが三つに増え、つまり約20時間が経った頃、恐らく寝オチした刀太にエヴァが訪れるのだ。

 ひょっとして、3話(2話?)連続で同じヒキか。
狙ってやっているのでしょうが、意図をうまく言語化できないのがもどかしいな。
ダーナは関わらないようにと言っていたけど、これは深みにはまっていくパターンだよな。
相互に影響を与えるタイムパラドックスものを期待しています。

 次号は久々の休載。
読み始めた頃は基本10勤1休だったマガジンだけど、最近は全体的に休載が少なくなっている印象があるが、どうなのだろうか。
他作品は4週連続2話掲載とかおかしなことやってるし。
青春少年マガジンであれだけ警鐘が鳴らされた後にこういう傾向が出てくるのはとても興味深いのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/578-990ae0de