UQ HOLDER!第81話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・AKB49
・ルポ魂!
・徒然チルドレン
・アクマゲーム
瞬間最大風速的には、ミヤジマ先生の「2年前から考えていたんです 2年前から‥」が最高でした。
阿部のいる町とかやってる場合じゃなかったんじゃ……。
敢えて連載にねじ込んだことは評価したい。
以下ネタバレです。











Stage.81「修行の意味」

あらすじ

 キティと三たび出会った刀太は、自身の体内に二つの特殊な魔力が混沌としていることを知らされた。
現在の修行が、両者を制御する目的であるとも示唆され、刀太は要領よくコツをつかんだ。
与り知らぬところで刀太が飛躍的な成長を遂げたことが少し面白くないダーナは、一気に負荷を増やす。
限界を超えて四たび出会ったキティは、ダーナを出し抜くべく刀太に秘策を授け、修行開始から1週間後には、魔法にも似た力を身に付けさせることに成功したのだった。


感想

 エヴァンジェリンがエンジン全開。
今回出てきたのはまた随分大人びた……と言っておこう。
時間が平等に流れてるとは限らない空間ですからね。
彼女の頬が赤くなるなんて、そんなに見られるものじゃないので眼福。

 「それに私は…人形は好きだ」って、これ刀太への告白じゃないですかー。
これに対して刀太は恐らく、これまでに誰かを愛したことがあるのかと聞こうとしてるんですよね。
相変わらず食えない男である。
エヴァの繊細な部分を救ってやれるようになるのでしょうか。

 しかし、目を輝かせながら半裸かつ絶妙の腰使いで輪っかを回し続ける刀太の姿は、どう見ても変態である。
精が出ている刀太の姿を見て、さしもの狭間の魔女も気持ち悪がる。
ダーナは、自分から刀太に運命を煽っておきながら、刀太とエヴァの接触の可能性を考えないようにしているのは、何か根拠があるのだろうか。
刀太にとっては都合良く話が進んでいるようにも見えるが、最後のコマでは微妙にダーナの意図とズレてきている雰囲気もある。

 刀太の「なかなか可愛いなと思ってよ」とか「綺麗だ! 天使みてぇ!」とか照れがないあたりは、英国紳士の祖父譲りですね。
中学生なのに遠心分離機も知ってる!
図らずも、過去の雪姫の口から「不良品の劣化コピー」について懇々と解説を受ける刀太。
あの世界の雪姫が、この記憶を持っている……とは思いにくいのだが、どうか。

 雪姫は機械音痴らしい。
そう言えば、前作のエヴァも序盤で機械苦手と言ってたような。
だから、つながってはいるはずなんですよね。
エヴァが、出自で態度を変えるような愚かしい真似はしないと敢えて言うのは、自分がそうされ、追われ続けてきたから、と言える。

 九郎丸、三太、キリヱは1週間で別空間から帰還。
安定の「もう死んでるけど」ネタが輝く。
3人とダーナが見た刀太の回し方は、初見ギャグにしか見えない。
ルールさえ守られていればいいとするやり口は、いっそ清々しいのだ。

 火星の白=光の魔法は、何となくマジックキャンセル機能のことかと思っていたけれど、刀太がネギの劣化コピーならば、それは雷の力か。
魔法が使えない描写はあっても、魔法が効かない描写はないもんなぁ。
刀太にセンスがありながら、突き抜けきれない理由をかなり強引に納得させてくれました。
チャチャゼロは懐かしかった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/579-a6649c47