スパロボW早解き 第3話「ミッション『ナデシコ破壊指令』」 

第3話あらすじ

 ネルガル重工の意向で火星調査に向かうナデシコの前に、連合軍が接収しようと追撃部隊を送るが、交戦中に木星トカゲが現れ、撤退する。
同時に、ナデシコ破壊の依頼を受けたヴァルストークファミリーが追いついたが、スペースマンの心意気でただちに破壊はせず、木星トカゲ掃討に協力した。
戦闘終了後、連合軍の極東方面軍が追いつき、進退窮まったナデシコは、カズマの手によって轟沈したかに見えた。
本当の依頼は、ナデシコの偽装撃墜で連合軍の追撃をやめさせることだったが、概要を知らされていなかったカズマらの迫真の撃墜劇で信憑性は増し、ヴァルストークファミリーには「やりすぎ」による修理代の請求が回ってきたのだった。


攻略

 初期配置はナデシコと、アキト、ガイのエステバリス(OG)。
敵は、デルフィニウムがエステバリスの射程外から撃ってくるのが煩わしいです。
4機撃墜するとヒカル、リョーコ、イズミのエステバリスが上方に増援。
8機撃墜すると、イベントが起きて連合軍が撤退し、木星トカゲが大量発生(15機)します。
1ターンでここまで持っていくのは難しそうなので、せっかくなら2ターンかけて、アキトを前出しさせて、連合軍の中にいるムウを落としましょう。
ガンファイト+1を持っています。
ガイは命中補正の精神コマンドを持っていないので、まるで当たりません。
木星トカゲ発生とともに、ヴァルストークファミリーが戦場に到着。
こうなれば、終わったようなものです。
気力113で出てきたデュオを、2機落としがてら真ん中にいるカトンボの下のマスまで誘導し、マップ兵器を使えば残りは5機。
ひょっこり味方で戻ってきたムウさんと、ヒカル、リョーコ、イズミが1機ずつ落とし、残り1機はカズマが覚醒使って落としに行きます。
あとは、イベント進行で終了。
2ターンでした。
累計5ターンになります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/584-ee1d9cf3