スパロボW 早解き第6話「GGG危機一髪」 

あらすじ

 スペースナイツとプリベンター、GGGの統合に向け、着々と布石が打たれていた。
GGGは陣代高校の生徒たちが表の顔である宇宙開発公団を見学している最中に、テッカマンダガー、ゾンダーの襲撃を受ける。
混乱のさなか、Dボゥイはペガスの中でテックセットし、再びテッカマンになることができた。
戦闘後、GGGの大河長官は、ヴァルストークファミリーに合併組織の「プロジェクトW」の下で戦ってほしいと依頼を出すが、トレイラーの誇りを重んじるカズマは激しく反発するのだった。


攻略

 氷竜と炎竜が出撃。
片方にメガブースターとSアダプターでも付けて、敵陣に突っ込ませれば、敵フェイズでラダムは全機落とせます。
もう片方は、増援で出てくるラダムに備え、上方へ。
5機ほど落としたところで、ヴァルストークも出撃します。
後々ゾンダーが下方に出てくるので、とりあえずデュオだけは下に置いておき、残りは上の方に。
その後、敵を撃墜するごとに小刻みにイベントが起こり、中にはテッカマンダガーがピッツァに遭遇して「赤の星の戦士」と呟くクロスオーバーならびに伏線が張られたりもします。
明けて2ターン目には下のゾンダーとテッカマンダガーぐらいしか残っていないはずなので、好きに倒します。
今回はデュオが初期配置でゾンダー集団のど真ん中にいるので、祝福、応援をかけたマップ兵器で11機を一掃し、テッカマンダガーは幸運持ちのブルーアースで落としました。
お金は大事です。
2ターンでステージクリアし、累計12ターンになりました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/589-74888023