UQ HOLDER!第88話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・ベイビーステップ
・徒然チルドレン
・凸凹アニメーション
・AKB49
今週は五つに絞りきるのが難しかったので、良い号だったと思います。
以下ネタバレです。











File.88「キリヱの能力、炸裂。」

あらすじ

 刀太とキリヱは海を越え、ジャングルを越え、砂漠を越え、3日かけて書が隠された廃城にたどり着いたが、何も状況が分からぬままキリヱが即死し、セーブポイントまで戻される。
2周目は半日以上早く廃城の手前に到達するも、今度は人型の何かを視認した瞬間に攻撃を受け、間一髪九郎丸に救われる。
だが、2撃目をかわすことはできず、3人で3周目へ。
相手は廃城を護る上位の雷精で、刀太の祖父・ネギに匹敵する力の持ち主…そう九郎丸は語った。


感想

 StageじゃなくてFile…金田一か。
逆に、なぜStageなのかということですよ。
ステージを積み上げてステップアップしていけば、塔の上にも昇れるということかなぁ。
編集部のミスだと思うのですが、とりあえず次号を気にしてみます。

 沈む前に足を出せば、理論上は水面を走れる、というのは、二次元の世界では常識です。
大地だけでなく水をも掴む刀太は、世界を掴む道に一歩近付いたとも言える。
キリヱにロープで曳航されている刀太がでっかい魚に食われたシーンは、マリオ3を思い出しましたね。
世代が知れる。

 刀太の「願い」「約束」という単語に純な反応を見せるキリヱ。
好きな女絡みと合点して何か言いたげながら、飲み込む辺りは大人の反応。
4日後の朝を逃すともう会えない、という事情を理解して協力を約束するが、キリヱの飲み込んだ想いはどんなものなのだろう。
キリヱにもきっと、大事な願い、約束があるのだろうな。

 残り13時間で廃城までたどり着いた2人だが、キリヱは刀太の約束の相手が気になる。
むしろ、よくここまで聞かなかったと思うが、それだけ彼女が刀太のことを尊重してるってことですね。
一方、説明し辛そうな刀太だが、彼は彼でキティの存在が雪姫とどうつながっているのかを測りかねているように見える。
刀太は一見おバカに見えるが、思慮深い男なのだ。

 キリヱは残り13時間の時点で即死し、3日戻ったと言った。
前回の残り63時間(だったはず)とは50時間の差だが、2日と2時間で3日とカウントすることもできるので、キティとの約束の時が本当はいつなのか、まだわからない。
リセット直前、刀太は「丸3日 移動にかけちまった」と言っているが、キリヱのセーブポイント準備には意外と時間がかかっていたのかしら。
ともかく、リセットに慣れてるキリヱは、切り替えが早い。

 早回しの2周目で、普通に九郎丸が到達している凄み。
空を飛べれば案外早いのかも知れないが、相手の情報も把握しており、どれだけ観察していたのかと。
ところで、思わぬ形で刀太にお姫様抱っこされたキリヱの表情が今回のベストカットです。
やられる瞬間に、しっかり九郎丸の背中に手を当てているあたり、よく訓練されている。

 ネギと同レベルの強さ、というのは、自らを雷化して戦っていたスピードを指して言っているのだと思われる。
総合的な部分も含めて、ということであれば敵いようもないが、対処する部分が明白なら、奇跡が積み重なってワンチャンスあるかもしれない。
長期戦を挑む相手でもなさそうだし、ある意味今の刀太向きである。
ダーナ相手に一度だけ発動したあの技を叩き込む、となると、相当ハードル高いでしょうが、頑張ってもらいましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/603-b9129bd8