スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UQ HOLDER!第96話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・ベイビーステップ
・エリアの騎士
・リアルアカウント
・DAYS
ボボボーボボーボボー!!!……自由だな。
以下ネタバレです。











Stage.96「刀太の叫び」


あらすじ

 UQホルダーのアジト「仙境館」に戻った刀太は、真っ先に雪姫のもとに向かった。
刀太の言葉を尽くした愛の告白は雪姫を狼狽えさせたものの、一蹴される。
雪姫は刀太たちにナンバーズ降格を言い渡して一方的に話題を切り上げ、刀太の告白は仙境館の皆が知るところとなる。
仙境館での下働きとまほら武道会に備えて気持ちを切り替える刀太を遠巻きに、雪姫はひとり、「…ばぁか 五百年遅いわ」と少女の表情で呟くのだった。


感想

 よかったなぁ、雪姫。
これでようやく、2人の間のタイムパラドックスが解消された。
実力はともかく、男女としてフェアな関係になったといえる。
最終コマの雪姫、良い表情でした。

 刀太らしい、仙境館に響き渡る、まっすぐな愛の告白である。
これはアレですよ。
めぞん一刻で五代が酔った勢いで近所中に響子さんへの愛を叫ぶ場面とダブる。
あれでコメディからラブコメに舵を切ったのと同じように、この作品も雰囲気が変わるかもしれない。

 大ゴマの「好 き だ !!」を「日和ったこと言っちまったぜ」と自省する刀太の大物ぶり。
とは言え、「毎晩俺の相手をしてくれ」は違うだろう。
ただし、雪姫から引き出したリアクションは最高でした。
「俺と結婚してください」はシンプルながら、まさかの小ゴマ処理。

 結局、Stage.1で刀太が雪姫に掛けた、「アンタと一緒なら永遠に生きるのも悪くない」が一番効いた模様。
あの時と今回では、刀太が込める意味合いも、雪姫が感じ取るニュアンスも違う。
想いに応えるかどうかは別にして、雪姫は今、幸せ絶頂ですよ。
自らの因縁にも関わる大一番が控えているからこそ、「いなくなったりはせん」も含め、死亡フラグに見えて仕方ないのですが……。

 雪姫の言う重要な客人とは、雪広あやかのことだと思われる。
雪姫は刀太たちに、あやかの接待を命じた形になる。
ネギの孫(仮)を見た老女の反応が気になる。
あやかのカードによる必然の出会いは、何をもたらすのやら。

 有給ホルダー刀太。
無断欠勤が長いので、有給休暇の取得はできないと思うのだが、どうか。
案の定、甚兵衛に捕まり、働くことに。
そして、もっと捕まってはいけない相手に捕まる。

 全員サービスの年賀状に堂々ピンで登場の夏凜。
いつも通り、殺しても死なない刀太を殺しにかかる。
雪姫に求婚するのが命知らずな行為なのは間違いないにしても、それが夏凜の怒りの理由と直結していないのが笑いどころ。
キリヱたちと同様、感情の処理が追いついていないように見える。

 「五百年遅い」と呟くキティである。
このセリフからは、魔王だった時代の呪縛から逃れ切れていない彼女の現状を読み取れる。
ダーナは、ナギとネギと3-Aのクラスメートたちによって、エヴァンジェリンは救われたと言っていたけども、まだ足りていないのだ。
刀太は、雪姫が居場所に定めた仙境館で、彼女を真に救う何かを見つけられるのだろうか。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 突然のコメ失礼します。

丁寧なコメントをいただき、ありがとうございました。
読んでくれて、共感してくれる人がいるとわかり、とても励みになります。
更新は遅いですが、これからもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/613-af29c5b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。