UQ HOLDER!第99話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・デザートイーグル
・AKB49
・ベイビーステップ
・アクマゲーム
ラッキースケベられ体質とは一体……。
以下ネタバレです。











Stage.99「熱戦、激戦」

あらすじ

 意を決した九郎丸の告白を、天然な刀太はさらりと受け流す。
ただ、九郎丸は想いを口にすることで、自分が女として刀太のことが好きなのだと悟った。
一方、刀太が雪姫との距離を縮めたことに苛立つ夏凜は、刀太に勝負を申し込む。
力を付けた刀太は、雪姫の心を救うため、ともに世界を救おうと夏凜に呼び掛けるのだった。


感想

 夕方じゃないよ!
朝方だよ!><
前回チュンチュン鳴いてたし、今回も「まだ暗くて顔が赤いのはバレてない」ってセリフがあるのに…。
こういうの気になってしまうタイプです。

 九郎丸告白しましたね。
完全に乙女ですね。
どんな第三次性徴を遂げるのか、俄然楽しみになってきました。
で、刀太にも天然ジゴロのDNAは受け継がれているのだなぁ、としみじみ。

 九郎丸の真意は、刀太に案外ちゃんと伝わってるんじゃないかと思います。
刀太は恋愛感情と友情を区別していないので、一緒くたに処理されているだけで、周りが刀太に雪姫への想いを問いただしても、いまいちかみ合わないのと根は一緒でしょう。
「あの中」に雪姫(キティ)は入っていないと見るべきですが、それでも1番って言われるということは、それなりに目があるんじゃないでしょうか、九郎丸。
刀太こそが、愛に目覚める日がいつ来るのか、楽しみです。

 忍とみぞれが対比されて、良い味を醸し出している。
田舎では個性が突出していた忍も、仙境館では完全に圧倒されており、都会って恐ろしい。
客で財閥のお嬢様であるみぞれを猿呼ばわりする刀太は、極めてフラットで「天然」だと言える。
戦闘能力の高さをおくびにも出さず、騒がしいみぞれの跳び蹴りを敢えて受ける刀太は、プロレスラーの鑑である。

 2人の台頭に危機感を抱くキリヱ。
若干キャラかぶってるからなー(笑)
取られるのは刀太でなく出番だろうな。
一人芝居も含めて、ツンデレのお勤めご苦労さまです。

 良いこと考えた、みたいなノリで刀太に勝負を挑む夏凜さん。
一合目で刀太が口にした「16歳の雪姫」に心乱され、すっかり刀太のペースに。
相変わらず脇が甘くて愛すべきキャラである。
刀太はセンスあるなぁ。

 戦闘の激化により、刀太は南京玉すだれみたいな携帯用フープを取り出す。
いつの間にこんな代物が。
刀太は至って真面目で、雪姫が魔王になった経緯を、かなり省略して話す。
雪姫を救済する目的は共通しているので共闘しよう、という刀太の呼びかけは、ネギがフェイトに共闘を呼び掛けた場面を彷彿とさせました。

 夏凜と雪姫のつながりは、本人の口からは語られていないんですよね。
前作との絡みも含めて、どれぐらいの付き合いがあるのかが不明なのです。
夏凜にも、何とかしようとしていた時期があったのか。
何故そんな切なそうな表情をしながら、諦めているのか。

 刀太の新技は、夏凜の服をきれいに破る。
傷つかないが痛みは感じる夏凜だが、痛がるそぶりはない。
接触が発動条件ながら、魔法を使い分けられるようになった、ということなのだろうか。
刀太の進化を感じ取った夏凜は、どう出るか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/616-f8e52691