スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UQ HOLDER!第107話感想 

 あけましておめでとうございます。
今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・AKB49
・アクマゲーム
・ドメスティックな彼女
・エリアの騎士
そうだよね、魔法少女だよね。
以下ネタバレです。











Stage.107「一言申す」


あらすじ

 大忙しの仙境館で、夏凜は、過去の雪姫に会ったという刀太の挙動が気になっていた。
腹を割って話そうと休憩時間に接触を図る夏凜に、刀太は待っていましたとばかりに「世界を救う」ための協力を要請する。
あまりの積極性に戸惑うばかりの夏凜だが、雪姫が現れた途端、なりふり構わず求婚する刀太を見て、その態度にいよいよ不審を抱く。
刀太は、雪姫の部屋にあった薬物入りのチョコをつまみ食いした影響で、素直な心情を吐露するようになっていたのだ……そのチョコは、夏凜も食べていた。


感想

 危険な魔法グッズで大騒動とか、何もかもが懐かしい……。
やっぱりこうでなくてはね。
いくら裏表のない刀太と言えども、夏凜への怒濤のミスリード告白はドン引きするレベルである。
この男、やはり愛情に区別がないのではないか。

 最大の謎は、そもそもなぜ雪姫が自白剤入りチョコなどという物騒なものを手元に置いていたのか、という点にある。
誰かに使うために用意していたはずで、割とキーアイテムだと思うのですが、よくわからない。
……と、考えるうちに思いついたのは、雪姫もまた、関係を進展させようとしたダーナ辺りから送りつけられて、処分に困っていた、という筋。
まあ、つまみ食いは良くないという教訓ですよね、うん。

 夏凜も食べてますが、彼女は刀太ほど素直に心情を吐露している形跡がない。
刀太のは「当たり」で、夏凜のは「外れ」だったのではないだろうか。
ただ、ここから思い込みで自滅していくパターンは容易に想像できます。
それはそれで。

 雪姫を上に見るあまり、自らを「手ごろな女」と言ってしまう夏凜である。
神様が泣くぞ。
読者が知る夏凜の出自は、相対した変態さんが伝説、伝聞として語った内容が中心だけども、もう少し何かありそう。
彼女の過去の言動から推察するに、「私のことなど何一つ…知りもしないくせに…あなたは…」は、諦め悪そうなところに惚れてるという刀太の言葉に係っているのかな。

 みぞれ、出オチ。
夏凜に惚れてるとか大好きだとか言っている話を全て聞いた上でこの態度を取れるのだから、大した器である。
彼女の言わんとする「世界を救う方法」は、あやかとの兼ね合いもあり、傾聴の価値がありそうな気もする。
みぞれと雪姫は割と面識ある感じでした。

 ところで、刀太が受け継いでいるはずの魔法無効化の力は、彼自身にどのように作用しているのだろうか。
今回のチョコが魔法薬であるとは全く言及されていないけれども、少なくとも薬は良く効いている模様。
魔法アプリが使えなかったり、箒に便乗できなかったり(でもたまに乗れる)、相手の魔法攻撃も完全にシャットアウトするわけではなさそうだったりと、不便で不安定な印象が強い。
このあたりも、修行で魔力を自由に分離できるようになったら変わるんでしょうかね。

 しかし、「俺だけのものになってくれねぇか!?」は何度見てもヒドい。
そんな言葉、どこで仕入れてきたんだという口説き文句が次々と出てくる。
雪姫への愛に目覚めて以来、完全にアレな部分が覚醒してますね。
みぞれの方便を最初は笑っていた私ですが、最近はちょっと考え直しつつあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/625-601c3c5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。