UQ HOLDER!第108話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・AKB49
・徒然チルドレン
・無敵の人
・ダイヤのA
処女で見開く風夏と徒然チルドレン。
そして、洗ったのは上着だけじゃないはずのドメカノ。
以下ネタバレです。











Stage.108「チャラ男出現」


あらすじ

 素直に心情を吐露してしまう薬入りの菓子をつまみ食いした刀太は、雪姫や夏凜以外の仙境館の住人にも、あふれる思いを伝えに行ってしまう。
刀太からの突然の告白に忍が、キリヱが、九郎丸が、大いに惑わされ、暴走を止めようとする夏凜だが、修行で力を付けた刀太は追撃を軽々かわす。
しかし、雪姫の捕獲魔法に捉えられ、同じく菓子をつまみ食いした夏凜と共に別空間に隔離される。
薬が切れるまでの6時間、刀太と夏凜の本音トークが始まる。


感想

 キリヱへの愛をひしひしと感じる!
照れコマの大きさが、本人が受けた衝撃の大きさとリンクしてるとするなら、刀太への好感度ランキングのトップは今はキリヱだなぁ。
刀太はキリヱが欲している言葉をピンポイントで供給するマシーンと化す。
ごちそうさまでした。

 チョコ箱の蓋の裏に、何かメッセージが書かれていますね。
夏凜は「雪姫様の薬」と断定しているが、誰かに贈るはずのものか、誰かからの贈り物か。
自白強制用の「魔法入り」菓子ということで、雪姫が妙に薬の効き目について詳しいことも、気になるところではある。
「こいつらしい」と話す雪姫の満更でもなさそうな感じが微笑ましい。

 刀太、人類愛をいかんなく発揮。
これまでの感想で何度か、愛情に区別がないのではと書いてきましたが、本音の刀太はそれぞれが好きな理由を滔々と述べる。
忍には「好き」、キリヱと九郎丸には「愛してる」、雪姫には「結婚してくれ」で、みぞれには「ちびっこ(ハート)」。
区別はしてるんですよね。

 つい思考が口に出てしまった夏凜。
果たしてこれは薬の効果なのか…ただの自滅な気もしますが。
顔汗と手の位置から、ポルナレフのコピペを思い出してしまった。
ついでに、これまでもちょいちょいつまみ食いしていたことをゲロって、雪姫に「だらしない」と呆れられる。

 忍は「センパイ」じゃなくて「コーチ」と言い出しそうな雰囲気。
ぐるぐる目だったり、澄んだ瞳だったり、色んな表情でまくし立てる刀太に圧倒される。
そして、嵐のように去る。
にしても夏凜、「ヘブン状態」は一般用語なのか(笑)

 各所に告白して回り、女性陣に強烈な印象を刻んだ刀太。
どれも刀太の思いであるのは間違いないが、相手は言葉以上のことを期待してしまうのではないか。
まさか刀太がラブコメ地獄に引きずり込まれる日が来るとは。
世界って素晴らしい。

 刀太と夏凜が隔離されたのは、昔通っていた田舎の学校に似た空間。
Stage.1を彷彿とさせますね。
眠っても心臓が止まってもフープを回し続ける刀太にとって、気を失ったままバケツを頭に乗せ続けることなど、造作もないことなのだった。
何もかも話さなければならなくなった夏凜は、何を語るのか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/627-7768dedd