スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UQ HOLDER!第119話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・ベイビーステップ
・ドメスティックな彼女
・てのひらの熱を
・炎炎ノ消防隊
みかん出た!
以下ネタバレです。











Stage.119「刀太とキリヱはどっちなの?」


あらすじ

 ネギ・スプリングフィールドが軌道ステーションから地球に向かっている頃、刀太はみぞれと忍の恋のさや当てに巻き込まれていた。
みぞれの発案により、バイクレース勝負で誰が刀太を婿にするかを決める流れが強引につくられ、キリヱも参加することになった。
空飛ぶバイクなど乗ったことのないキリヱは難色を示すが、刀太がサポートを申し出て状況は混迷。
案の定刀太の取り合いが発生したところで、帆乃香が機転を利かせて刀太を3人に分身させるのだった。


感想

 ネギ!のどか!ゆえ!ラカン!アル?
今となっては懐かしい「先生」の呼称。
体が大きくなったネギと対照的に、中学生の頃の姿を保つ生徒たちは幻影か。
これもまた一つの悠久の形なのか。

 孤独を抱えたネギの最後の拠り所が魔法先生だった頃なのだろうか。
その後も先代の「始まりの魔法使い」を倒すまで60年近くあったはず。
共鳴りの性質上、(小夜子のように)色々な人の思いが入り込んでいるはずなので、ネギの代表的な心象風景なのかなと思います。
どうせなら31人全員描き込んでくれても良かったのですが…無茶ですね。

 相変わらず相手の土俵で戦う雪広家である。
スペックが高いからこそなせる業ですね。
「もちろん最後に刀太様を手に入れるのは この私雪広みぞれ!」と啖呵を切りつつ、若干照れてるのがかわいい。
忍が刀太とのタンデムの権利を賭けたのを、みぞれが婿にする権利と拡大解釈した、と。

 毎度の好きなの問答を繰り返すナンバーズ。
九郎丸は振り切った風で安全地帯に清々しく逃げ込み、夏凜はキリヱの想いが発覚したのをいいことに自らの気持ちを棚上げする。
初夜までけしかけてるが、それで良いのか夏凜と九郎丸……。
白手袋投げつけからの決闘はお約束ですね-。

 しかし、際どい衣装の参加メンバーは、揃いも揃ってちっぱい。
なぜバイクレースで脱げるのか。
それで良いのかみぞれよ。
キリヱのバイクは、性格上みぞれが最新鋭のを用意したのかな。

 首を突っ込んで事態をややこしくする男、刀太。
全く事情を察する気がないのが笑える。
あっさり場になじむ帆乃香にも同じ匂いを感じる。
これはあれ、キスして爆発するパターンだな(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/638-213d468f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。