UQ HOLDER!第121話感想 

 今週のマガジンで面白かった5作品。
・UQ HOLDER!
・デザートイーグル
・ベイビーステップ
・てのひらの熱を
・炎炎ノ消防隊
星野、目をつぶって。を読むと、アゲハ100%を思い出す。
以下ネタバレです。











Stage.121「スピーダーですぽぽぽん」


あらすじ

 レース序盤はキリヱが先頭で抜け出し、忍とみぞれの小競り合いが始まった。
先手を取ったみぞれの驚異的脱がせ術で忍のハートに火が付いた。
猛烈な勢いで遅れを取り戻す忍は同乗する刀太に「塔」に登ったその先の夢を語る。
忍の思いに衝き動かされた刀太は、難所の宙返りでストックしていた武装解除魔法をみぞれに仕掛け、まんまと抜き返すのだった。


感想

 忍は二度脱がされる。
雪広流は芸の幅が広いなぁ。
技とともに現れる花びらで忍の大事な部分も隠す配慮ぶり。
刀太(しょうゆ味。)のヒドいラッキースケベぶりである。

 あらすじの人物紹介から雪姫が消える。
網羅したあらすじ紹介は至難の業です。
そもそも「雪姫の願いである『ネギ救出』を仲間とともに目指す!!」は現状では全く適切でないし。
殺害という言葉がどぎついなら救済だし、かといって、「最愛の雪姫の心を救うため、ネギ救出を仲間とともに目指す!!」では文字数オーバーですしね。

 「他の女はあなたをダメにしますわ」というみぞれのセリフは、これだけ繰り返されると何かしらの根拠や誰かの意思が関わってそうで気になる。
今回、忍もみぞれも刀太に未来を語っているのですよね。
一方の刀太は、これまで度々未来を問われ、塔に登った先で何をするか、短期的な目標以外では答えを出せていないし、考える余裕もなかった。
不死者たちは不死なのに?不死だから?過去や現状に縛られて未来を語れていないんですよね、なぜか。

 キリヱが先頭に立ち、ドヤ顔の夏凛。
何か楽しそう。
ところで、モニター画面に出ている忍と組んでいる刀太の表示は「SHOYU KONOE」。
芸が細かい。

 忍が夢で掲げた有人恒星間航行船「メイフラワー3世号」の目的は、火星テラフォーミングの延長線上にあるものなのだろうか。
元々自分には何もないとコンプレックスを持っている刀太には、忍が眩しく映る。
「…さあ行こうぜ一緒に しのぶ!」は、単にレースの追い上げのことを言っているだけでないのは明白。
3体それぞれの記憶が残る刀太は、このレースで変わることができるのか。

 みぞれを容赦なく脱がせる刀太。
みぞれもあっぱれな脱がされっぷりである。
同じ人間が分裂してるはずなのに、それぞれがしっかり役割を果たしている刀太の個性は、やはり独特。
あと、フープは一体どこから出てきたんだ……。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/640-8f70bc59