やすらぎの郷#11 

 例によって女の戦いに巻き込まれる脚本家石坂浩二。
八千草薫、加賀まりこ、浅丘ルリ子……なんつーメンツ(地獄)だ。
彼女らの手にかかれば、横山大観も「子供の描いたような絵」である。
結局「お前のせい」にされる脚本家。
もはや姫を守るためなら何でもありである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/685-b31319fc