やすらぎの郷#13 

 午後4時から開くバー、ソフレ(添い寝フレンド)、覆面作家コイノサシミ……
なかなか味わい深い用語がたくさん。
映画で絶対死ななかった英雄が、電気紙芝居で殺されることになった寓話も切ない。
今度はシャンソンの女王が登場。
「半分壊れた」と表現されてるが、脚本家の叙述トリックだったりしないかなぁ、とか思ったり。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/687-dfd17332