スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やすらぎの郷#16 

 先週のおさらいと、奔放な涼子をいかに説き伏せるかを逡巡する脚本家。
脚本家といえど、自分が演者になってストーリーを組み立てるのは一筋縄ではない。
小料理屋で涼子に促され食べたおススメの一品は、「鯉の刺身」。
これが誘い受けというやつか。
意外に繊細な相手だと認識しておきながら、いざ喋りだすとグサグサ刺していくスタイル。
ノーガードの打ち合いの様相を呈してきた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/690-ffc3f645

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。